判明!「子供は言葉ではなく●●で学ぶ」心理学的な事実

佐藤めぐみ

悩み

30570088

叱るときのママのお悩みで良く出るのが「同じ事を何回言ってもきかない」というもの。私がよく聞くお悩みでもトップ3に入っています。

「なぜ子供は1回で言うことを聞いてくれないのか?」その答えは、子供特有のラーニングスタイルにあります。

今日は『子育て心理学のプロが教える 輝くママの習慣』の著者・佐藤めぐみが、子供特有の学び方を踏まえたママのアプローチについてお伝えします。

 

■何度言ってもきかないのが子供

子供が言うことをきかないとき、ママはよくこう言います。「うちの子は何度言っても言うことをきかないんです!」 

実は、ここに、大人と子供のラーニングスタイルの違いが潜んでいます。そう、“何度言っても”子供は言うことを聞きません! 子供には子供なりの学び方があるからです。

例えばこんなシーン。

「お片づけしてね」と初めは優しく言っていたママ。

でも、ちっとも腰を上げる様子がない我が子の様子に、もう1回。「お片づけしなさい」

それでもまだまだ遊び続ける我が子。2回、3回と繰り返し、片づけを促すママ。

段々声のトーンも変わってきます。そして、終いには、「何回言えば分かるの!!」

こういうことってありませんか?  実は、残念ながら、ママがいくら声を荒げても効果は変わりません。むしろ、感情的になればなるほど、言うことを聞く確率は減少していくケースが多いくらいです……。

 

■子供は言葉ではなく●●で学ぶ

では、大人にとっては不可解なこのようなケース、なぜ起こるのでしょう?

なぜなら、子供は、言葉ではなく、“経験”で学ぶからです。そう、経験です。経験で学ぶとは、どういうことかというと、「もし、ママの言うことを聞かなかったら、どうなるのか?」その結果から学ぶということ。

残念ながら、ママから言われる言葉は、子供にとってはマスト事項ではないのですね。

言うことを聞くのはオプションの1つであって、マストではない。それよりは、実際に言うことを聞かなかったら、何が起こったか、その経験によって、子供は学んでいく傾向が強いということが子育て心理学で分かっています。

 

■子供が求めているのは、ママのクリアな線引き

ママの言うことを聞かずに、何かをやり続けたとき……

・どうなるのか?

・何か起こるのか?それとも何も起こらないのか?

・自分にとってハッピーな結果が待っているのか?それともイヤな結果が待っているのか?

これが子供にとって大事なことであり、腰をあげるかどうかのポイントになります。これで分かるのは、子供はママが提示する明確なラインを知りたいということ。ハッキリとした線が欲しいのです。

子供は、大人のように、後々の成果のために、今を我慢するという行動パターンはありません。それは成長とともに徐々に学んでいくこと。目の前にハッピーなこと、魅力的なものがあったら、それに飛びついてしまう、それが子供らしさです。 

例えば、公園でお子さんが砂を投げ出したとします。

「○○ちゃん、お砂は投げないのよ。やめなさい!」

「ママの言うことが分からないの?  やめないのならもうお家に帰るわよ!」

こう言われて、ママの言葉に従い、ストップする子もいるでしょう。でも全ての子がそうするわけではありません。それでも、やめない子もいます。なぜなら、お砂を投げても、帰らなくてすむ可能性があるのなら、そちらの方が“ハッピー”だからです。

 

■子供のラーニングスタイル、ママはどう対処すべき?

ママは、この子供ならではのラーニングスタイルを踏まえた、発言、行動をすることが大切です。つまり、言葉だけで注意をするのではなく、行動を伴わせることが必要なのですね。

私はよく叱り方教室で「子供の周りにラインを引いてあげましょう」とお伝えします。もちろん、それは、目に見える線ではありません。

「ここからここまではOKなんだ」と子供が理解し、感じ取れる線のことです。それをハッキリと提示してあげることで、子供はその中での自由度を楽しみつつ、制限を守ることは必要なのだということが分かってきてくれます。

 

いかがでしたか?何度も注意してママ自身のストレスを溜めるより、こうした子どもの特性を理解したハッピーな育児法をぜひ試してみてくださいね!

【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ なぜなぜ期が左右していた!将来「言われなくても勉強する子」になる親の対応とは

※ 驚きの法則があった!「子どもが言うことを聞かない」と悩む親の特徴とは

※ ららぽーと新三郷・イケア・コストコで楽しむ、終日ショッピングコース!

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

 

【著者略歴】

※ 佐藤めぐみ・・・心理学がベースのポジティブ子育て『プラス思考育児メソッド』でママをサポートする『ポジカフェ』主宰。ママ向けストレス診断、悩み相談、叱り方教室 『ポジカリ講座』 など育児コンサルタントとして活動中。著書は、『子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣』(あさ出版)『叱るときのイライラがなくなる! 子育て心理学のプロ 佐藤めぐみの「ポジカリ」メソッド』 (All About Books)[Kindle版]など。

関連記事

コメント

コメント