驚くほど簡単!「ママ友に差をつける」鉄板パーティコスチューム

福田ミホ

ニュース

155256239

年末に向けて忘年会やクリスマスなど、これからパーティが続く季節がやってきます。ママ友と一緒にパーティを企画したり、イベントに参加する機会も多いのではないでしょうか。

そんなとき、ママがお洒落をするだけでなく、子どものコスチュームにも凝ってみたいと思いませんか?

「使う機会の少ないコスチュームをわざわざお店で買うのはもったいない……。」「ネットだと実際の色やサイズ感が分かりづらくて……。」と感じているママにオススメしたいのが、手作りのコスチューム。とはいえ、型紙に合わせて生地を切ったり、ミシンで縫ったりするのは面倒です。

そこで、今日は縫わずに簡単にできて、お金もかからない、可愛い子ども用のコスチュームの作り方をご紹介します。

 

■ クリスマスパーティでも使える「スノーマン」

これから保育園やママ友の間で開催されることの多いクリスマスパーティ。クリスマスと言えばホワイトクリスマス、そしてスノーマンを思い浮かべるママも多いのでは?

実はこのスノーマンのコスチューム、意外なほど簡単にできてしまうのです。基本的には“全身白”にしてディテールを追加するだけなのですが、子どもが着るととにかく可愛くてオススメ!

(準備するもの)
白のニット帽・大きめトレーナー・Tシャツ・レギンス・パンツ・スニーカーなど、黒のフェルト、赤いマフラー、オレンジのフェイスカラー、黒のアイライナー、手芸用ボンド

(作り方)

1. 黒のフェルトを丸く3つ切り、トレーナーなどのトップスの中央にスノーマンのボタンとしてのり付けする。

2. 1.を含めて全身白の服を身に着け、オレンジのフェイスカラーで鼻に色をつける。アイライナーでスノーマンの黒い目を書く。最後に赤いマフラーを巻いて完成!

たったこれだけでスノーマンの完成です。

パーティのあとは普段着に流用できるので、いかにもコスチュームという感じにならないところが嬉しいですね。スノーマンのボタン部分も、トレーナーにのり付けせず、両面テープなどで付けるか軽く縫い付けるかすれば、あとで取り外しできます。

 

■ 年賀状用写真にも! 「羊のコスチューム」

クリスマスなどのパーティだけでなく、年賀状用の写真として、子どもに干支のコスチュームを着させるというのも楽しいです。しかも手作りのコスチュームとなれば、年賀状の挨拶の話題にもなり、親戚や友人から喜ばれること間違いなしです。

来年2015年の干支は「羊」。可愛い白黒羊コスチュームを簡単に作れる、こんな方法をご紹介します。

(準備するもの)
白のトレーナー(子どもよりやや大きいサイズ)、白のニット帽、白のコットンボール(大袋ふたつ分くらい)、白と黒のフェルト各1枚、黒の長袖シャツかセーター、黒のレギンスかタイツ、黒の靴、手芸用ボンド、黒のアイライナー

(作り方)
1. トレーナーの袖を切り落とす。

2. 1.に手芸用ボンドでコットンボールを貼り付けていく。羊っぽくなるように大量に。

3. ニット帽にもコットンボールを貼り付ける。白・黒のフェルトを涙型に各2枚切り、白と黒を1枚ずつ貼り合わせる。黒い面を外側にして、ニット帽の左右に貼付け、羊の耳にする。

4. 黒のシャツ/セーターにレギンス/タイツ、黒の靴をはいて、上に2.を着て3.をかぶる。鼻を黒く塗って完成。

 

以上、縫わずに作れるオリジナルキッズコスチュームをご紹介しました。

オリジナルの衣装があればパーティ気分もさらに盛り上がるハズ!ママがパーティーファッションにワクワクする気持で、ぜひ子どものコスチュームにもトライしてみてください!

 

【関連記事】

※ 日本と違いすぎてビックリな「イギリスの誕生日パーティー事情」

※ 「残酷な結末」の絵本をどう読み聞かせる?に専門家が答えます!

※ ガマンなんて古い!禁酒を「ノンアルコールドリンク」で乗り切るアイデアまとめ

※ 夫も惚れ直す!? 簡単「カラー診断術」で素敵ママに変身する方法

※ 産後ママのあのお悩みは「骨盤のゆがみ」が原因だった!?

【参考】

Cheap Christmas Costume Ideas ‐ eHow

20+ Easy Homemade Halloween Costumes for Babies ‐ Parenting.com 

関連記事

[fbcomments]