愛される妻が夫にしている「家事のダメ出し術」3つ

香川妙美

家族

69641275

「夫は外で働き、妻は家を守る」というのは、もう一昔前の話。男女ともに働く共働き世帯は増加しており、この傾向はアベノミクスの中核政策として掲げられた『女性が輝く日本へ』の影響を受け、今後も続いていくと予想されています。

最近は、“イケダン”“イクメン”なんて言葉も生まれ、ワーキングママをサポートする育児や家事に積極的な男性も増えてきましたが、夫の家事の仕方を見ていると黙って見ていられず、

「お皿のここ、まだ汚れが残ってるじゃない、ちゃんと洗ってよ」

「洗濯物はこうやってきれいに干して」

なんてダメ出しをしていませんか?

それまで協力的だったのに、逆ギレされたり、やる気をなくされたり、家事の負担が減るどころか逆に増えてしまった、なんてことにならないよう、この記事では夫への上手なダメ出し術をお伝えします。

 

■「Yes!But話法」で上手にコントロール

せっかくの頑張りをハナから否定されるのは誰だっておもしろくありません。そこで、頑張りは認めつつも足りないところを指摘するという手法を使うのはどうでしょう。その名も「イエス、バット話法」。ビジネスシーンでも使われていて、相手の意見・主張を、まずは受け入れてから、自分の考えを伝えるというもの。

「お皿洗ってくれてありがとう。でも、お鍋はそのままだったから次は忘れないでね」

「ごみ、捨てておいてくれて助かったわ。でも、雑誌はリサイクル資源になるから次からこっちでお願いね」

こんな風にやってくれたことを認めつつも、どこまでを、どうしてほしいのかをさりげなく伝えれば、次からはあなたの納得のいくところまで家事を終わらせてくれるはずです。

 

■男女の脳のつくりを利用した賢いダメ出し術

とはいえ、
「ここまでやったら、普通あそこまでするでしょ!」「この前も言ったのに、またできていない」

……のように、そうすぐに夫が改善しないのが現実。ケニアの恋愛系サイトWalalahoiによれば、男女の脳のつくりの違いからこのようなことが起こりがちで、男性は女性とくらべて“明確に言語化されていない感情を理解することに長けていない”ということが理由の一つにあるようです。

一方で、男性は女性よりも、“「問題を解決する」という思考から物事を考え判断する能力に優れている”ことを知っていましたか? この脳のつくりを利用して、ダメ出しの仕方を相談型に変えるのも手です。

「お皿洗ってくれてありがとう。鍋が残っていたんだけど、洗い忘れないようにする方法ないかな?」

「ごみの分別がいつもバラバラなんだけど、分かるように何か工夫した方がいい?」

など、こちらから答えを伝えるのではなく、夫から回答を引き出すように持ってくるのです。答えさえ出てくれば、こっちのもの。再び同じようなことが起きた場合には、

「あれ? この前、自分で〇〇〇って、言ってたよねえ?」

とさらりと告げて、やり直してもらいましょう。

 

■「オトコはオンナの笑顔と涙に弱い」を利用したダメ出し術

ところで、ダメ出しするときの感情について考えたことはありますか? すぐに思い浮かぶのは、「怒り」「諦め」といった、行き場のないやるせない感情。しかし、それらをぶつけたところで夫は戸惑うばかり。そんな姿を見て、またイライラしてしまう前に、ここは「嬉しい」「悲しい」というキーワードを使ったダメ出しに代えてみましょう。

「ごみの分別が終わったら、犬の散歩のついでに外に出してきてくれると嬉しいんだけど」

「お腹が空いたっていうから急いで帰宅したのに、頼んでおいたご飯がセットされていなくて悲しかった」

「嬉しい」「悲しい」を使えば、自然とその原因も一緒に伝えることができます。聞く方も、「そうすれば嬉しいのか」「だから悲しいのか」と、あなたの気持ちを受け入れやすくなります。

ちなみに、この方法はお子さんへのダメ出しにも応用が効きます。

「おもちゃがきれいに片付くと、お家の中がピカピカになってママ嬉しいんだけど」

「もう寝る時間だよって、何度も言ったのに聞いてくれなくて悲しい」

ママのことが大好きな子どもは、「ママが喜ぶのなら」「ママが悲しまないように」と、言葉のかけ方一つで、行動へと移してくれます。約束をちゃんと果たせたら、オーバーリアクションなくらいにいっぱい褒めてあげると、子どもも喜び、自信につながりますね。

なお、「嬉しい、悲しいを子どもには言えても、夫には気恥ずかしくて言えない」という方は、「嬉しい」を「ありがたい」に、「悲しかった」を「困った」に置き換えると伝えやすくなると思います。

 

いかがでしたでしょうか?
仕事と家庭の両立は、共働きママの永遠のテーマ。上手なダメ出しで、家事とストレスと夫をコントロールしつつ、円満な家庭を築いていきたいですね。

 

【関連記事】

※ 夫が急に怒りだす妻の「あの一言」は男脳と女脳の違いが原因だった!

※ 将来に影響!泣く子にはママの「過去形の共感」が必要なワケ

 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ すべてのママに知ってもらいたい!子どもと一緒に使える話題のローションって?

※ ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選

【参考】

なるほど統計学園高等部共働き世帯 – 総務省統計局

※ 10 Big Differences Between Mens and Womens Brains – Walalahoi

関連記事

コメント

コメント