まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

島津優理子

ニュース

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」 

9月15日(月)は敬老の日ですね。

株式会社ゆこゆこのアンケートによると、なんと70代以上の4割が「自分はまだ老人ではない」と認識しているそう。シニア世代の約3割が「祝われるのが複雑」という気持ちなのだとか。

『It Mama』の祖父母は、まだ50~60代前半の“老人”とは呼べない若い世代の方がほとんどかと思います。ですが一般的に、敬老の日は孫が生まれてからであったり、孫から祝うという場合が多いのだとか。ですので、孫たちからの「ありがとう」という感謝の気持ちをシンプルに伝えてみると“じぃじ”も“ばぁば”もきっと喜ぶはずです。

そこで、敬老の日に喜ばれるプレゼントを紹介させていただきますね。

 

■祖父母と一緒に過ごす時間を作る

敬老の日に贈るプレゼントについては、ネットなどでランキングされていますが、実は祖父母は高価なプレゼントよりも“孫からの手作りのカード”や“孫と共に一緒に過ごす時間”のほうが喜ばれることが多いのだとか。

株式会社引越し侍の『敬老の日に喜ばれるプレゼント』のアンケートでも、“食事会”や“孫からのプレゼント”が常にトップ10入りしています。

近年、核家族の割合が増加傾向にあるため、孫と一緒に過ごす時間が少ないという祖父母も多いと思います。ですので、敬老の日は祖父母と少しでも長く楽しい時間を過ごせるよう、ママが食事会を企画したり、遠方にいる祖父母には子どもと一緒にカードを手作りして送ってみたりしてはいかがでしょうか?

孫が目にいれても痛くないほどかわいいこの時期、ママが高価な贈り物をプレゼントするよりも、孫あってのプレゼントが何より喜ばれます。

外食であれば、子どもOKな個室のレストランを選ぶと、まわりを気にせずゆっくりと家族だけの時間を過ごすことができます。

また、外に出かけるのは体力的に難しいという場合は、料理のデリバリーサービスなどを利用してみては? その際には、子どもと一緒に選んだお花をプレゼントするのも喜ばれるでしょう。義理の祖父母の好みがわからない……などという時にお花のアレンジメントはオススメです。

 

■孫から手作りのプレゼント

孫からの手作りのプレゼントも喜ばれます。特に写真が入っていると嬉しいですよね! 今からでも間に合う手作りプレゼントをご紹介します。

(1)フォトアルバム

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

孫の写真がたくさん入ったアルバムはとても喜ばれるはず。

筆者の母も家の至るところに、孫の写真を飾っています。そこで、アルバムを購入して、自宅のプリンタで印刷した写真を入れてプレゼントするのはいかがでしょうか?

シンプルなものを選ぶと、表紙をシールなどで飾ったり、子どもと一緒に楽しみながら作ることができます。また、カメラのキタムラのフォトブックサービスは、店頭で注文して最短30分で受け取れるものがあります。お店の受付機で簡単に注文できるようですので、メモリーカードやCD-Rを持参の上、近くのお店に行ってみてくださいね。

 

(2)フォトフレーム

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

贈った写真を飾るフォトフレームも人気。

特にオススメなのは、無印良品のアクリルフォトフレーム。シンプルかつ、サイズや形も豊富なので、子どもと一緒にシールやテープなどでアレンジすることができます。子どもの描いた絵をプレゼントするのもいいかもしれません。

世界にひとつだけのプレゼントが簡単に作れますよ。

 

(3)今しかできない手型を使ったプレゼント

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

子どもと一緒に手作りするプレゼントで写真とあわせてオススメなのが手型や足型。子どもはすぐに大きくなってしまうので、その瞬間の手型や足型は記念になりますよね。成長記録にもなるので、その際は日付と年号を入れるのを忘れずに。

筆者も先日実際に娘と一緒に作ってみたので紹介します。

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

段ボールなど分厚い紙に手足型をとり、さらに写真やマスキングテープでデコレーション。裏には、祖父母や自分の顔の絵を描いていました。さらに、モールを使って壁にかけられるようにしてみました。リボンを使ってもいいですよね。

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

 

材料は家にあるものや、100円ショップで購入できるものでOKです。

まだ間に合う!敬老の日に最も喜ばれるのは「孫からのプレゼント」

いずれも、簡単に作ることができるので、敬老の日に間に合います! ぜひ、子どもと楽しみながら、作ってみてくださいね。

 

以上、敬老の日にオススメの過ごし方とプレゼントをお伝えしました。

ママからも、日頃子どもを可愛がってくれている父母(義母、義父)に感謝の気持ちとして、子どもの写真を添えたありがとうのメッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

祖父母に赤ちゃんを預けるとき「必ず」言わないといけないこと

※ 赤ちゃんのストレスは「タッチケア」で最高に解消できると判明

 安易にほめないで子どもの心をメキメキと強く育てる方法3つ

 今まで言えなかった「ありがとう」を大切な人に伝えませんか?

※ 既製品より断然かわいい!不器用でも作れる簡単ヘアアクセサリー

 

【参考】

シニアの「敬老の日」に関する調査 – 株式会社ゆこゆこ

グラフでみる世帯の状況(平成24年) – 厚生労働省

敬老の日に関する調査 – 株式会社引越し侍

[fbcomments]