赤ちゃんを「歯ミガキ好き」にさせちゃう魔法のブラシって?

進藤ゆきこ

子供

赤ちゃんの白くて綺麗な歯を、むし歯から守ってあげられるのはママやパパの頑張りにかかっていますよね。

でも、キレイに歯磨きしてあげようにも赤ちゃんはじっとしていられません。前歯を磨くのでさえ大変なのに、1歳半頃に生えてくる奥歯はよく見えない上に赤ちゃんももっと活発に動くようになっていますし、2歳頃にはイヤイヤ期も始まり、きちんとしっかり磨くのは至難の業ですよね……。かといってプラークがついたままだと、生えてきたばかりの歯はあっという間にむし歯になってしまいます。

そんなママの悩みを解決してくれる、とっても便利なアイテム“ワンタフトブラシ”をママ歯科医師である筆者がご紹介します。

 

ワンタフトブラシってご存知ですか?

“タフト”とは歯ブラシの”毛束”のこと。ワンタフトブラシとは、写真のように毛束が一つしかない歯ブラシのことです。

ワンタフトライン入り

 

6歳ころに生えてくる”6歳臼歯”を磨いたり、矯正中の器具の周りを磨くのに便利な形状をしています。ママに歯の矯正の経験があれば、歯科医院でオススメされたことがあるかもしれませんね。ドラッグストアでは見かけませんが、最近では歯科医院だけでなくネットでも簡単に買えます。

 

どんなところにオススメ?

“生え始めの奥歯”は歯ぐきが歯に被さっており、歯ブラシでゴシゴシ磨くと傷をつける恐れも。そんな時にこのワンタフトブラシなら歯ぐきを避けて歯だけを磨くのにとっても便利です。

奥歯の溝はもちろん、歯ぐきのキワや歯の裏側など、仕上げ磨き用の歯ブラシを当てにくい部分に使うと、お口の中のプラークをスッキリと落とすことができます。

また、歯ぐきを傷つけてしまうと、子どもは”歯みがき=痛い”と覚えてしまい、歯みがきを嫌がる原因にもなります。そうならないためにも、小さなヘッドのワンタフトブラシを歯ブラシの導入に使ってもよいでしょう。

 

選び方は?

赤ちゃんの歯ぐきは傷つきやすいので、”毛のかたさ”は”やわらかめ”がオススメです。

 

どうやって使うの?

使い方としては毛先の尖ったところで溝の汚れをかきだしたり、面になっている部分(写真のイエローのラインの部分)を歯の面に当てて歯ぐきのキワや裏側を磨くと使いやすいです。

歯ブラシやワンタフトブラシは細長いので、子どもに持たせると転倒などしたときに思わぬ事故につながる危険性があります。「これはママが○○ちゃんの歯をピカピカにする歯ブラシだよ」と“ママの道具”であることを説明してあげるとよいでしょう。

 

ただでさえ大変な毎日の仕上げ磨きは、ママが使いやすいグッズでストレスなく続けていきたいですね。

 

【関連記事】

※ 超簡単!子どもが「歯磨きを好きになってくれる」親の行動6つ

※ 身近すぎて意外と気付かない!歯をツルツルにする衝撃の秘密

※ 赤ちゃんに悪影響ばかり!自覚がないから怖い「妊娠中の歯周病」

※ イヤイヤは成長の証!「魔の2歳児」とハッピーに過ごすための10個のコツ

※ 保活だけじゃない!ママが子育てで早めにしておかないとヤバイこと

 

【著者略歴】

※ 進藤ゆきこ・・・専門家ライター。自身も子育て真っ最中の歯科医師、歯学博士。「毎日のオーラルケアをママとベビーのハッピータイムに」をモットーに、親子でお口の健康をもっと身近に感じてもらえるよう取り組んでいる。

関連記事

コメント

コメント