ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

It Mama編集部

ニュース

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

おやつの時間、それはママと子どもにとって楽しくコミュニケーションがとれる時ですよね。

家事に仕事に忙しいママも、おやつの時間だけはちょっと一休みしながら子どもと一緒にゆっくり会話ができるのではないでしょうか。

市販のお菓子もいいですが、子どもと一緒におやつ作りができたら、おやつの時間がもっと楽しくなりますね。

そこで、食レシピなどを紹介している雑誌『オレンジページ』とヤマザキナビスコ『オレオ』の共同企画として、ビター&スイートな『オレオ』を使った親子での夏休みクッキング体験会が開催されると聞き、It Mama編集部も参加してきました。

実際におやつ作りで変わっていく親子の様子を交えながら、親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣をレポートします。

 

■人気番組『すすめ!キッチン戦隊クックルン』の市瀬先生がアレンジレシピ紹介

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

今回『オレオ』のアレンジスイーツを教えてくださったのは市瀬悦子先生。

人気番組『すすめ!キッチン戦隊クックルン』(Eテレ)の料理監修を担当し、子どもも手軽に楽しめるレシピを数多く紹介されている笑顔の素敵な先生です。

参加されたのは幼稚園児から小学4年生までの子ども達とそのママ。中にはパパと参加の子もいました。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

今回のアレンジスイーツの主役となった『オレオ』は、1982年に世界で最も売れたクッキーとしてギネスブックにも認定されたほど世界で一番多く食べられているクッキーなのだとか。『オレオ』の人気はその美味しさだけでなく、その食べ方のアレンジの多さでも知られています。

そんなアレンジ豊富な『オレオ』をたくさん使ったスイーツをご紹介いただきました。

 

■親子で作れば絆も深まる!? 『オレオ』を使った簡単アレンジスイーツ

(1)グルグルトントンで作る!クッキー&バナナカップケーキ

まず初めに紹介してもらったのは『クッキー&バナナカップケーキ』。

子どもが大好きなバナナを使ったカップケーキは、ママ友が遊びに来た時のちょっと差がつくおもてなしスイーツとして喜ばれますよね。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

まずは先生に言われた通り、フォークの背でバナナをグイグイとつぶす子ども達。

「バターを混ぜる時はこんな感じで“グルグル~トントントン”ね」と先生が分かりやすく教えてくれると、子ども達も元気よく楽しそうに泡立て器をグルグル~トントントンとリズムに合わせて混ぜはじめました。

ママやパパも「ここはこうやってトントントンってやるのよ」「ママここ持っていて~」といったやりとりをしながら、自然と親子のコミュニケーションも深まっていったようです。

 

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

そして最後にカップの上に『オレオ』を1枚まるごとトッピングしてあっという間にカップケーキが完成。

カップケーキをオーブンで焼いている間に次のお菓子に移ります。

 

(2)混ぜてのせるだけチーズケーキ

このチーズケーキは見た目もとってもかわいくて、トッピングが楽しめる一品なので、人が多く集まるホームパーティなどにピッタリです。

レモン汁以外の材料を混ぜて、最後に“魔法のレモン汁”を入れるとクリームチーズが固まり出し、子ども達からは「固まった~!」との声が。ゼラチンがなくてもレモン汁だけでチーズクリームが固まるのにママやパパもビックリしていました。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

『オレオ』の上にクリームチーズをのせて夏らしくオレンジやミントの葉などを思うままにトッピングしたらチーズケーキの完成です。

子どもの自由な発想で作られたチーズケーキはどれも素敵で、中にはうさぎをモチーフにトッピングしている子もいるなど、おやつ作りで子どもの新たな才能を発見できるかもしれません。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

 

(3)親子で協力!ふりふりクッキージェラート

そして3つ目のレシピが『フリフリクッキージェラート』。

これはアイスのクッキー&クリームのような美味しいジェラートで、大人も子どもも喜ぶ一品です。

このジェラートも驚くほど簡単。生クリーム、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて入れたジップロックを氷と塩の入った袋に入れて3分間フリフリするだけ! 子ども達は材料の入った袋を元気よくフリフリしていました。途中バテてしまった子どもに代わってママやパパがフリフリしてあげる楽しそうな姿も。ママやパパも楽しそうに子ども達と会話している様子が窺えました。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

こうしてすべてのお菓子が出来上がり、いよいよおまちかねの試食会。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

 

先生からの「いただきま~す」の合図と共に、みんな大きな口をあけてモグモグと美味しそうに食べていました。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

自分で作ったからこそいつも食べるお菓子の味とは違う、なんだか満足げな子どもたちの笑顔がありました。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

パパと何やらうれしそうにお話しをする子どもの姿も。

 

今回使ったヤマザキナビスコの『オレオ』では、『オレオ』グッズが5,000名様に当たる『マイスイーツオレオ!グッズキャンペーン』を実施中だそうです。ぜひ応募してみてくださいね。

ママも子どもも夢中に!親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣

 

いかがでしたか?

今回は、『オレオで作るおやつ教室』のイベントから親子の距離がグッと縮まるおやつ作りの秘訣をお伝えしました。

イベントでは、最初はちょっぴり緊張ぎみだったママやパパと子ども達も、おやつ作りをしているうちに自然と笑顔になり、親子の絆が深まっているように感じました。

買ってきたお菓子をそのまま食べるのも楽しいですが、ぜひ、ご家庭でもお子さんと一緒にお菓子作りでもコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

マイスイーツオレオ!グッズプレゼントキャンペーン

ヤマザキナビスコ オレオ

オレンジページnet

関連記事

[fbcomments]