9月にオススメ!都内から100分の人気の子連れ穴場プレイスポット

島津優理子

レビュー

9月にオススメ!都内から100分の人気の子連れ穴場プレイスポット

9月に入り暑さも少し落ち着いてきましたが、気象庁によると9月もまだ30℃を超える日があると予想されています。猛暑が続いた8月の炎天下では、子どもを外でおもいっきり遊ばせられなかったというママへ、東京から約100分で行けるおススメの施設を紹介します。

そこは東京・新宿から約100分の山梨県山梨市にある笛吹川フルーツ公園。都内近郊のレジャー施設に行くよりもお得にプチ旅行気分が味わえ、新日本三大夜景としても知られている人気の公園です。

 

■甲府盆地を一望!自然と水を満喫できる「アクアアスレチック」

20140825-132249.jpg

甲府盆地を一望の笛吹川フルーツ公園内にあるプレイスポットの中で子どもたちに大人気の遊び場が『アクアアスレチック』。毎年4月1日から10月31日、10:00~16:00に水が流れるアスレチックになっています。

20140825-132344.jpg

イカダ橋やイカダ渡り、浮き玉渡りなど、手足を使ったり、バランスを取ったりしながら遊べる道具がたくさんあります。中でも一人ずつイカダに乗ってロープをたぐりよせながら移動させて反対側に渡る“イカダ渡り”は大人気。

20140825-133702.jpg

常に子どもたちの列ができていました。1番奥には滝があり、裏側が洞窟になっているのでプチ探検気分も味わえます。そして驚くのがこの本格的なアクア施設の利用が“無料”ということ! そのため、夏休みや週末は多くの家族連れで賑わっています。
因みに、『アクアアスレチック』へ車で行く場合は、奥まで行かず、手前の第2駐車場の利用が便利です。服装は子どもは水着、大人もショートパンツやパパは下だけ水着といった格好がベターです。

 

■ご当地フルーツのソフトクリームや生ジュースを堪能

20140825-132434.jpg

また、園内にある、果樹園農家直営のフルーツカフェ『オーキッドカフェ』では、ご当地ソフトクリームや搾りたて生ジュース、フルーツパフェなどが食べられるので、ひと遊びした後の休憩スポットとしてオススメです。

注文を受けたその場で季節ごとの生フルーツとソフトクリームをブレンドする“ご当地ブレンドソフトクリーム“は大人気。筆者が行った日には人気のフルーツのソフトクリームはほとんど品切れだったので、ソフトクリームを食べるなら、少し早めに行くのをオススメします。

20140825-133717.jpg

その他、公園内には、大型ネット遊具や小さい子用のすべり台がある『わんぱくドーム』もあります。こちらは、雨の日でも遊べるので、もし急に雨が降ってきてしまっても、子どもを遊ばせることができます。また、園内にあるくだもの館には、ベビー休憩室があり、おむつ交換用ベッドや授乳用個室スペース、給湯器も完備されているので、赤ちゃん連れでも安心です。

 

■新日本三大夜景を見下ろしながらお風呂

1日思いっきり遊べる笛吹川フルーツ公園。なんとここには、ママも嬉しい温泉があるのです。水遊びをした後に温かいお風呂に入ってから家に帰れるのは、車を運転するパパにも嬉しいですね。園内にある『やまなしフルーツ温泉ぷくぷく』、ここは高台にあるのでここから眺める景色は最高です!

夜景は、なんと新日本三大夜景に認定されているのです。また天気がいいと富士山も見えます。筆者が行った時もお風呂からの眺めは絶景でした。

利用料金は、大人860円、3歳以上の子ども430円とリーズナブル。タオルセットも320円でレンタルできるので、手ぶらで行っても大丈夫。館内の食事処『天空』では、山梨ならではのお食事メニューが揃っているので、お風呂上りに夕食をすませてから帰ることもできます。

20140825-133927.jpg

館内はベビーベッドが設置されていたり、ベビーバスの貸し出しも行なっているなど赤ちゃん連れにも優しいです。

いかがでしたか? 1日思いっきり楽しめる笛吹川フルーツ公園。自然いっぱいの中で素敵な思い出がたくさんできるはず。9月は祝日も多いので、ぜひ、週末などを利用して、家族で訪れてみてくださいね。

 

【関連記事】
※ 子どもを高学歴ワーキングプアにしやすい要注意な親の特徴5つ
※ 子どもの創造力を伸ばすために親がやってはいけないこと4つ
※ 英語教育ブームなのに知られていない「プリスクール」の落とし穴
※ さすがイギリス!日本と大違いでビックリな「子どもの教育」事情
※ 英語教育が早いと「子どもの日本語がダメになる」は大嘘だった!

【参考】
※ 山梨県笛吹川フルーツ公園
※ くだもの厨房 オーチャードカフェ
※ やまなしフルーツ温泉ぷくぷく

関連記事

コメント

コメント