ついついやりがち!「子育て英語フレーズ本」間違い活用法3つ

島津優理子

英語

「将来は英語を駆使して世界で活躍してほしい」「英語を学ぶことで視野を広げてほしい」など、バイリンガル子育てをするママにはそれぞれの目的や期待があるはず。バイリンガル子育てにはいろいろな方法がありますが、簡単にできる方法の一つである、“英語での語りかけ”が大人気。書店でも「子育て英語フレーズ集」なるものが簡単に手に入ります。

ですが、このようなフレーズ本を使うとき、“ついついやってしまいがち”な間違いがあるんです。今回は0歳からのバイリンガル子育て法アドバイザーの林智代乃さんに詳しく聞いてみました!

 

■間違い1:たくさんのフレーズを“一気に”使おうとする

まず、やってしまいがちなのが“たくさんのフレーズを一気に”使うこと、ではないでしょうか。

林さんによると、「今日はこれをマスターしよう!」「これをたくさん使おう」とフレーズのターゲットを作って日々貪欲に臨まない方が、「ママが息切れしないでいられてかえって近道」とのこと。

実は、筆者も過去にたくさんのフレーズを一気に使おうとしていましたが、なかなか全てを話すことができず、無言になってしまったり、疲れてしまったりした経験が……。

「1日1フレーズでも大丈夫!」と林さんは言います。無理せずに、少しずつで良いのです。何より大事なのは継続できることなのですね。

また、いきなりフルセンテンスを話そうとせず、動詞だけから伝えるのもありとのこと。ただ、この場合は、「ルー大柴さんの言葉のように英語と日本語を混ぜて話すのはNG」とのアドバイスをいただきました。これもよくやりがちなので、気を付けていきましょう。

 

■NG2:「●●って言うんだよ!」と教える

フレーズ本には、日常生活で使いやすいフレーズが載っているため「英語で話しかけてみよう!」と張り切るママも多いはず。

語りかけを始めたころは、ママから一方的に話しかけるだけで、そのうち会話が成り立つと考えて取り組みますよね? そこまではいいのですが、なかなか会話が成立しないと「こういうときは●●って言うんだよ!」と教えてしまうことはありませんか?

実は、これもNG。「“話す”という経験は確かに大事ですが、これは言語を身につけるというよりも自分のものにしていく上でのステップです」と林さん。

どういうことかというと、そもそも言語は会話で身につけるものではなく、むしろ会話がなくても、ひたすら言語のインプットだけで言葉の力は育つのだとか。決して「フレーズを話すこと=英語が身につく」わけではないのです。

6歳くらいまでの子どもは、右脳が優位に働きます。言語獲得に優れている右脳は、高速で大量の情報をインプットする働きがあるため、それを有効活用するのがオススメなのだとか。

例えば、赤ちゃんは、ひたすら耳で聞いているだけで、単語、2語文、3語文とあっという間に母国語をマスターしていきますよね?

少しずつ、理解や会話を求めながら行なうやり方は左脳を使うことになるので、言語習得が複雑化します。大人が英語を身につけようとすると時間がかかるのは、左脳が優位になっているからなのです。

そのため、会話をしようと無理をしなくて大丈夫、ということなんだそうです。

 

■3:英語フレーズの日本語訳を“セットで”伝える

少し日本語を理解できる年齢になると、「英語で通じなかったかな?」というときに、つい日本語でリピートしてしまうこともあると思います。ですが、これは、「単語を理解する上であまり好ましくないパターン」なのだとか。

「単語を理解するということは、出会う単語の意味をイメージすること」と林さん。例えば、“up”という単語。“上”という意味ですが、これがイディオムとして組み合わさると、“上をイメージした”訳になります。

この、“訳ではなくイメージで理解する”という力を伸ばすには、英語を英語のまま理解するというアタマの使い方を育ててあげることが大事。仮に日本語とセットで伝えた場合は、この「イメージして理解する力」が弱くなってしまうのです。

“訳す力”と“英語をイメージし身につける力”は別モノと肝に銘じておきましょう。

 

以上、英語フレーズ本を使った語りかけでついついやりがちな間違い3つをご紹介しましたが、アナタはどうでしょうか? つい、張り切ってたくさんのフレーズを話したり、間違いを直したりしてしまいがちですが、ママが疲れてしまったり、子どもが楽しくないと思っては意味がありません。毎日少しずつ継続していけるよう頑張ってみてくださいね。

 【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ 甘いモノ週●回以上になってない?子どもの「偏食」が及ぼす悪影響

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【取材協力】

林智代乃・・・個々の成長に合わせた0歳からのバイリンガル子育て法アドバイザー。

乳幼児と関わる様々な経験から、こどもの持つ能力を活かす方法でアプローチし娘にもバイリンガル子育てをする。娘は1歳半には言いたい事 を文章で日英両方言えるバイリンガルに。その方法をママたちに伝えるイベントやセミナーを開催中。

日々、ブログ『英語絵本とおもちゃで出来る赤ちゃんからのバイリンガル子育て』からもお役立ち情報を配信している。

関連記事

コメント

コメント