今まで言えなかった「ありがとう」を大切な人に伝えませんか?

香川妙美

悩み

今まで言えなかった「ありがとう」を大切な人に伝えませんか?

自分が悪いとわかっていても「ごめんね」の一言が言えなくて、後悔したことはありませんか?

例えば、夫婦ゲンカのあと。一緒に住んでいても謝るタイミングを逃すこと、ありますよね。でも、これって甘えだと思いませんか?

いつも一緒にいることに慣れているからケンカができるんです。次の日に離れ離れになってしまうとわかっていたら、絶対にケンカなんてしないですよね!?

どうしても素直になれない女性も、”伝えることの大切さ”を実感できると意識が変わるはず!

……かくいう筆者も正直なところ、これまではあまり意識することはありませんでした。

しかし今回、インターネット上で見つけた『アテニア』のキャンペーンサイトには”伝えることの大切さ”を考えさせてくれるエピソードがいっぱい!

これを見ているうちに「言いたいことはちゃんと言わなきゃ」と改めて気付かされたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

 

■時間が経った想いは”後悔”に変わりやすい!

サイト上には、こんなエピソードがありました。

「余命三ヶ月と宣告された祖父。三ヶ月を過ぎたいまも懸命に生きています。祖父はずっと菊の花を育てるのが趣味でした。私は祖父が意識があるうちに、もう一度辺り一面の菊の花を見せてあげたいです」(H.K.様)

たった数行なのに、ちょっとウルッときませんか?

このエピソードを読んで、筆者はフッと祖母が亡くなったときのことを思い出しました。当時は、「もうおばあちゃんと会えなくなっちゃった」とただただ悲しい気持ちでいっぱいでした。

しかし、時間が経って「生きているうちに”ありがとう”を伝えることに価値があったのかも」と考えてしまうようになり、「今まで大事にしてくれてありがとう」と言えなかったことを後悔するようになったのです……。

だから、たまにディズニーランドや高松市内の観光地に連れて行ってもらったことを思い出すと、2年経った今でも涙が出そうになります。

その人の存在の大きさは、失って初めて気付くもの。それで、つい「相手はいつまでも健康でいる」なんて思っていませんか?

実体験でなくても、インターネット上で「ケンカ別れした後に交通事故に遭ってしまって……」といったエピソードを見て泣きかけたことのある人は多いのではないでしょうか。

また、生死に限らず、「ごめんね」や「おめでとう」、そして「ありがとう」。

この”たった一言”を伝えられなくて、「何であのとき、ちゃんと言えなかったんだろう……」と自分の未熟さを悔やんだこと、誰しも一度や二度はあるはず!

身近にいる人でも、言いたいことを言えないときは多いものなのに、時間が経っていたり、遠くに住んでいたりすると、もっとモヤモヤしてしまうもの……。

とくに恋愛関係はそうですよね。昔好きだった人と別れる時、素直になれなかったこともあるのではないでしょうか。

 

■あなたの想いをあの人に届けてみませんか?

もし、あなたも何か”想い”を抱えたままにしているなら、この機会にインターネットを使って伝えてみませんか? 今なら、『アテニア』がサポートをしてくれるようです。

『アテニア』は今、届けたい想いを持つ人から”想い”を募り、抽選で選ばれた1名の方の想いを届けるシチュエーションを、プロデュースしてくれるのです。

応募方法はいたって簡単!

『アテニア』の公式Facebookページに「いいね!」をした後、専用ページから、”届けたい想い″を投稿するだけ。

Facebookアカウントをお持ちでない場合も、『アテニア』のウェブサイトから投稿できます。すでにこんなエピソードが……!

「いつも苦労をかけている妻にサプライズで指輪とか感謝の手紙を渡したい。いつも子どもの事から私の事まで更には、朝から晩まで働きに出てくれてありがとうの感謝を伝えたいです」(M.K.様)

「一年前に結婚した私たち夫婦。まだ結婚式はしていません。そんな主人の夢は親の結婚式をしてあげることです。彼の両親は予定していた結婚式を挙げず4人の息子を育ててきました。そんな彼のご両親に私からもぜひ結婚式をプレゼントしたいです。素敵な息子さんを育ててくれてありがとうございます」(A.K様)

どちらも、心がじわっと温かくなってきませんか? こんな素敵な想い、逆に自分も誰かから持たれていたら嬉しいですよね。

 

ちなみに”想い”の募集は、8月25日までです。心の内に抱えたあの人への”あの想い”。この機会にぜひ打ち明けてみませんか? 目に見えない足枷が外れて、気持ちがスーッと軽くなるはずですよ!

 

【参考】

※ Attenir Social “Wishes” Post あなたの「想い」を届けます

※ アテニア Facebookページ

関連記事

コメント

コメント