「入っていたら大丈夫」ではない?レジャー保険の意外な落とし穴

海老原政子

悩み

「入っていたら大丈夫」ではない?レジャー保険の意外な落とし穴

ここ数日、猛暑が続いていますね。それで「すっかり夏バテ気味で……」という方は多いと思います。

こまめな水分補給を心がけてはいても、海水浴場やイベント会場などレジャー中で体調管理がおろそかになることはありますよね。

なるべく避けたい事態ですが、万が一熱中症で倒れて病院で治療となれば医療費もかかり、楽しいイベントが一転して最悪の結果に……。

そこで気になるのが、熱中症で入院となった場合、我が家の保険から給付金が下りるのかどうか、ということ。

この点について、ファイナンシャルプランナーの海老原政子が簡単にまとめてみました。

 

■熱中症の発症は事故? それとも病気?

実は、保険は何でもひとくくりにされる方が多いのですが、一般的には損害保険(生命保険の損害入院特約などもほぼ同様の扱いです)で補償されるリスクは”事故”です。

交通事故に遭われた場合がわかりやすいと思いますが、突発的で、予測できない事態で損害を受けるケースが事故に該当します。

熱中症は、一見すると旅先での事故といった印象がありますが、おおむね”病気”扱いとなります(例外は、工事現場での予想しない発症ぐらいだと思われます)。

それは、長時間炎天下に出っぱなしにならないなどのきちんと自己管理をしていれば避けられるためです。

また、レジャー保険は損害補償タイプが多いため、熱中症は保険給付の対象とならないことが多いようです。ただし、ゴルファー保険やお子様向けの保険では熱中症をカバーしている商品もあります。

夏のゴルフなど熱中症の危険性が高い場所へ出かける予定の方は、ゴルファー保険の補償内容などもあらかじめ確認することをオススメします。

一方、医療保険(生命保険の疾病入院特約などもこちら)は、”病気”への備えですので、熱中症で入院された場合も入院給付金の対象となります。

 

関連記事

コメント

コメント