暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

柳原佳恵

子供

暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

猛暑真っ只中、みなさんいかがお過ごしですか?

お子さんが夏休みに入って、「料理する回数が増えた……」と嘆くママの声もチラホラ。こう暑いとご飯の支度をするにも火を使えば汗が流れて、ひと苦労ですよね。

そこで今回は”火を使わずに用意できるメニュー”をご紹介したいと思います!

このメニューなら、汗をかかず、ちょっぴり手抜きでも栄養がとれて、電気・ガス代も節約できると、嬉しいことばかり。きっとリピートしたくなりますよ!

 

■1:超時短できるドイツの伝統食『カルテス・エッセン』

暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

ドイツの夕食は、火を使わないのが一般的だということをご存知でしょうか? この食事を”カルテス・エッセン”と呼びます。日本語にすると、冷たい食事ですね。

ドイツの伝統的な食事は、昼に温かい食事(ヴァルメス・エッセン)をとり、朝夕はハム、サラミ、レバーペーストなどの肉製品、チーズ、パン、場合によってサラダが用意され、各自食べたい量を食べます。

これなら冷蔵庫にあるものを出して食卓に並べるだけなので、準備もほんの数分。ワインやビールも添えたら簡単なのに素敵な雰囲気が作れそうですね。

キッチンも汚れないので後片付けも楽チン。夕食後は夏バテで疲れた体をゆっくり休ませてあげましょう。日中に食べ過ぎたな、と感じたときにもドイツ式カルテス・エッセンはいいですよ。

 

■2:夏バテで食欲がない時に最適な『冷や汁』

暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

日本にも伝統的な冷たいご飯がありました。その代表格が、冷や汁です。冷や汁の中でもママには、豆乳冷や汁がオススメ。

これは、味噌を豆乳で溶き、水で洗ったご飯、すりごま、ねぎ、鰹節、梅干し、大葉をのせたものです。豆乳にごま風味が香り、梅干しがいいアクセントになっています。

「味噌を溶くのすら面倒!」と思ったら、味噌の替わりに麺つゆを入れるだけでもOK。薬味の量も好きなだけ、アバウトで大丈夫です。(ただしネギを入れすぎると辛くなるので注意!)

味噌や薬味で豆乳のクセも消えるため、普段あまり豆乳を飲まない人にもおすすめです。冷や汁は他にも沢山種類があるので、料理サイトなどで探してみるといいですよ。

 

■3:冷たくて体に優しい『アボカドの冷製スープ』

暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

アボカドは副菜にとどまらず、丼ぶりやスープに変身できる優秀食材です。アボカド1個、300ccの牛乳(または豆乳)、コンソメ顆粒小さじ1、レモン汁少々、塩こしょう適量をブレンダーなどで混ぜるだけで、スープが完成!

あとはお好みのナッツを上に飾れば、おもてなしにもなりそうなほどオシャレなスープの出来上がり。

アボカドは豆腐と混ぜ潰してディップにしたり、マグロと和えてご飯にのせればアヒポキ丼になるなど、火を使わないメニューのバリエーションが豊富です。

 

■4:添加物もなく子どもが大好きな”魚の缶詰”丼

暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

開けるだけですぐに使える魚の缶詰も、火を使わないメニューに欠かせません。サバやイワシなどがありますね。味付けもしっかりしているので子どもに好評、しかも添加物が使われていないので安心です。

また、骨まで食べられるので、カルシウムも取れて嬉しい限り。自分でここまでホロホロにしようとすると、圧力鍋を使わなければならず、かなり手間になりますよね。

イワシ缶なら、ご飯にのせてイワシ丼を作るのもいいと思います。甘辛のタレがご飯に染みて、2歳の息子もおかわりしました!  他には、サバ缶を使った『サバのなめろう風』もよさそうです。

 

■5:安上がりで美容にもいい『大豆の麺つゆ漬け』

暑さをしのげて節約にもなる!火を使わない簡単メニュー5つ

大豆の水煮缶も開けたらすぐに使えるので便利です。栄養価は高く、美容にもよいので積極的に摂りたいですね。

『大豆の麺つゆ漬け』は、麺つゆに大豆を漬け込んだだけで完成! 3時間ほど冷蔵庫で漬けておけば、味がしみ込んで美味しくなります。

「これはさすがに手を抜き過ぎでは……?」と不安になりますが、これも息子の大好物。ちょっと足りないときの、我が家の定番副菜です。

「さすがにこれを旦那様に出すのはちょっと……」というときは『大豆とツナのサラダ』にすれば、見栄えもいいですね。

 

火を使わないメニューは冷たいものが多いので、暑くて食の進まないお子さんにもピッタリです。

電気・ガスを使わずママは暑さをしのいで、節約にもなり、子どもも栄養を摂ってくれれば、これ以上助かることはありません。この夏、ぜひ試してみてくださいね!

 

【参考】

さばのなめろう風 - 簡単!しあわせレシピ

※ 大豆とツナのマヨサラダ レシピ - AJINOMOTO Park

関連記事

コメント

コメント