子どもに悪影響しかない!やめるべき「NGな食事の仕方」7つ

おおたけちほ

子供

子どもに悪影響しかない!やめるべき「NGな食事の仕方」7つ

こんにちは、保育園栄養士のおおたけちほです!

みなさんは、”こ食”ってご存知ですか? これは近年増えている、子どもに悪影響があるNGな食事の仕方! 子どもの将来をしっかり考えるママは、早いうちにやめた方がいいです。

今回は、そんな7つのこ食についてお話ししますね。

 

■1:孤食

家族や友人とではなく、ひとりで食事を摂ることを”孤食”と言います。小さい子どもの場合、まだこれは少ないかもしれません。

ひとりで食事を摂ると、近くに誰もいないため、好きな物だけを食べて栄養が偏りがちになります。

また、これを続けるとコミュニケーション能力が育ちにくいとも言われているので、子どもがひとりでお留守番ができる年になったら気を付けましょう。

 

■2:個食

しかし、ただ単に家族や複数人で食事を摂ればいいわけではありません。

みんながバラバラのものを食べている”個食”もNGです。これは、食事のおいしさが共有できないといった問題をはらんでいます。

 

■3:子食

孤食と同じような意味ですが、子どもだけで食べる”子食”も悪い影響があります。

小さい頃から子どもだけで食事を摂っていると、栄養が偏るだけでなく、食事のマナーや食文化を教わることができません。その上、食事の楽しさを実感することができないです。

 

■4:小食

ダイエットのために食事を制限し、必要なエネルギーを補えないのが”小食”です。

これを繰り返すことで、体が少量のエネルギーでも「蓄えておかなければ」と感知し、結果として太りやすい体を作ることにつながります。子どもの小食には要注意です。

 

■5:固食

同じものばかり食べることを、”固食”と言います。言わずもがなですが、これもNGです。続けていると、子どもの成長を著しく阻害する恐れがあります。

食事の時に「好きなものだけを食べなさい」と言うのではなく、「一口でもこれを食べてみようか?」と言って食べられるものを少しづつ増やすようにしていくと良くなっていきます。

 

■6:濃食

次のNGは、濃い味付けのものばかり食べる”濃食”です。筆者が保育園で子ども達に食事を提供していると、とくに濃食が増えていることを感じます。

1歳未満の子ども達に離乳食を提供するときは、極めて薄味のものを提供しています。しかし、いつもあまり食べない子に少し味の濃いものを出すと、よく食べることが多いんです!

保護者の方に話を聞くと、大人が食べているものをほんの少し薄めただけで子どもに与えているママがとにかく大勢います。

濃食は、ゆくゆくは生活習慣病にも通じます。ですから、3歳以下の子どもがいる家庭では、とくに気を付けてほしいです。

 

■7:粉食

最後のこ食は、パンや麺類などの粉から作られたものばかりを好んで食べる”粉食”です。続けていると栄養バランスが著しく偏り、成長を阻害してしまいます。

粉食を防ぐには、離乳期から野菜やフルーツ、白身魚なども積極的に食べさせておくことが大事です。これにより、粉食がちになることを避けることができます。

 

いかがでしたか? 今、「家族全員で食事を摂ることも難しい」という家庭が増えてきていますよね。

それでも、お父さんかお母さん、もしくはお祖父ちゃんかお祖母ちゃんの一人で構わないので、誰かがお子さんと一緒に食事を摂ることを意識してみませんか?

母子家庭で育ち、こ食を経験してきた筆者は、それを切に願います。

各家庭で色々な事情もあるとは思いますが、まずは晩ご飯だけでも、上記7つのこ食をしないように心がけてみてください!

 

【関連記事】

※ 「歯磨き粉」って何歳から使うの?プロがすすめる年齢別歯みがきアイテム

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【参考】

※ 保育所における食事の提供ガイドライン - 厚生労働省

 

【著者略歴】

※ おおたけちほ・・・1988年生まれ。学生時代から、興味がある人には即アポ、即会いにいく性格で、過去にインタビューをした著者、経営者は1,000人を超える。

自身でも、経営者を経験した後、引き出しを増やすべく現在は都内の保育園に栄養士として勤務しながらフリーライターをしている。

関連記事

コメント

コメント