産後は遅い!最も効果的な英語教育は妊娠中から始めることだった

平川裕貴

子供

産後は遅い!最も効果的な英語教育は妊娠中から始めることだった

東京オリンピックの開催が決まってから、一気に英語教育が盛んになってきましたね。筆者の周囲でも、「我が子をバイリンガルに育てたい」というママが増えています。

そこで、『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者・平川裕貴が、”妊娠中からできる効果的な英語教育”についてお話します。

実は、ママが英語の学習を始めることが最も効果的な方法。しかし、英会話教室に行く必要はありません! 次の方法ならお金もかからないので、ぜひ試してみてください。

 

■妊娠中から簡単にできる効果的な英語教育

(1)英語が得意でないママ

今は、YouTube に子ども向けの楽しい英語のレッスンなど優れたものがいっぱいあります。もちろん、余裕があるならCDやDVDなどでもいいでしょう。

フォニックスを教えるもの、単語を教えるもの、会話を教えるものなど、なんでも自分の好きなものを選んでください。ただし、リピートできるものがいいです。

それらを見ながら、必ずママが声に出して練習してください。

できるだけネイティブの発音を、恥ずかしがらず(もっとも自宅でネットやテレビを見ながら一人でできるわけですから大丈夫ですね)、大げさなくらいに抑揚をつけて、大きな声で真似してみましょう。

(2)英語が得意なママ

留学経験があるなど英語や発音に自信のあるママは、上記の方法以外にも、ぜひ英語の本を、声に出して読んでください。

別に子ども向けの絵本ではなくても、英語の雑誌や英字新聞や好きな小説など、どんな文章でも構いません。わざわざ買わなくても、図書館にいっぱいあります。

また、英語の歌を歌うというのももちろんOKです。

 

■ママが英語学習することが効果的な理由

上記のような英語学習が、なぜ「最も効果的」と断言できるのか? 理由は2つあります。

まず、お腹の中にいる赤ちゃんは、視覚より聴覚の方が発達していて、妊娠5~6か月くらいから耳が聞こえ始めます。

ところが、赤ちゃんの耳に届く音は、外界の音ではなくほとんどがママの声だと言われます。

ですから、ママが声に出して英語を話すことが大切なのです!

お腹の中の赤ちゃんに聞こえる音は、決してハッキリしたクリアな音ではありませんから、内容よりママが楽しんでやれるものが一番です。

次に、筆者は1988年に外国人講師による子どものための英会話教室を神戸と大阪に開校しています。それ以前は6年間、外資系の子ども英語スクールでマネージャーとして仕事をしていました。

ですから、英語を学ぶ子どもをおそらく何万人と見てきています。その中で、英語の発音がいいとか、覚えが早いという子には、やはり共通したものがありました。

それは、親が、洋楽が好きでいつも家や車で洋楽が流れていたとか、洋画が好きでいつも家族で英語(字幕)で見ていたとか、幼児期から家庭で英語を聞く環境があったということです。

幼児期に海外で育った帰国子女が、ネイティブ並みの発音をすることからも頷けますよね。

日本語と英語は、音もイントネーションも言葉の仕組みもまったく違います。日本語はほとんど抑揚がなく、ひとつひとつの音の強さもほぼ同じです。

ところが、英語は音のひとつひとつが、言ってみればとても個性的。強い音や弱い音、破裂音やほとんど声が出ない音など様々な特徴があります。

日本語だけの環境で育つと身につかない音もたくさんありますので、わが子をバイリンガルにしたいと思うママは、ぜひ幼児期から英語を聞く環境つくりをしてください。

目的は、英語の発音、リズム、イントネーションなどに触れさせることです。

 

ママが英語学習することで、ママと赤ちゃん二人が同時に学べるなんて素敵だと思いませんか? 本当に一石二鳥ですよ。

もし、上の子がいるなら、ぜひその子と一緒に学習してください。そうしたら、一石三鳥ですね。

一日2~30分でも、英語学習を続けてください。ただし、ママが楽しんでやること、そして、声を出すことを忘れないでくださいね。

ちなみに現在筆者は、出版社の依頼を受けて、『わが子をバイリンガルにする方法(仮題)』の執筆を始めています。

様々なノウハウや考え方、Q&Aなどを盛り込み、来年の春頃には出版できる予定です。バイリンガル教育に興味のある方は、楽しみにお待ちくださいね!

 

【関連記事】

将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 子ども時代のコレでほぼ決定!将来「子どもがしっかりした大人」になる遊ばせ方

※ 逆子には「鍼灸」が効果的!? 意外と知らない東洋医学と逆子の関係

※ 要チェック!今すぐ確認したい「ホルモンバランス」の状態

※ あのキレイなママ友の秘密はコレだった!?お肌プルプルでダイエット効果もある秘策とは

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子ども向け英会話教室を設立。

30年以上に亘り子ども英語教育に携わり、現在3歳から6歳までの子どもにバイリンガル教育を実施中。近著は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』

関連記事

コメント

コメント