夫のストレスが溜まる原因!男性が最も嫌がる女性の「話し方」

It Mama編集部

家族

夫のストレスが溜まる原因!男性が最も嫌がる女性の「話し方」

夫婦にとって、会話はとても大切なものです。

そんな当たり前のことはわかりきっているはずなのに、なぜか夫との会話が盛り上がらなかったり、いつも途中で話が途切れたりしてしまうことはありませんか? もしかすると、それはあなたの話し方に原因があるのかもしれません!

夫婦カウンセラーの木村泰之さんによると、無意識のうちに、夫のストレスが溜まる話し方をしている女性は意外にも多いそうなのです。

しかも、夫は口には出さずに、心の中で不満を溜めているのです。今回は、そんなNGな話し方をご紹介します。

 

■女性特有の”感情的な会話”に男性はイライラする

リビングでテレビを見ながらの一家団欒。よくある家庭のワンシーンですよね。

さて、その番組に最近よく見かける人気タレントが出演していたとします。夫が「最近、この子って人気あるよね」と言ったとき、あなたはどのような返答をしていますか?

(A)「そう言えば最近よくテレビで見るね」

(B)「そう言えば最近テレビでよく見るね、わたしはいやだけど」

たった一言しか違わない2種類の返答ですが、木村さんいわく、(B)の返答をしてしまうと、夫は会話を続ける気を失ってしまうのだとか。

「(A)の方が男は次の会話に移りやすい。(B)のように会話の流れに関係なく唐突に”わたし”中心のフレーズは男はいい風にとりません。

女性同士なら”わたしも嫌い”とか話しが弾みますが、男が聞くと内心、”好き嫌いを聞いてないよ”と思っています。

ただ、口にするとまた反論されるから、黙って流したり、わかったわかったと返しておきます。話しの全体が止まるのを嫌がるのです」

好き嫌いを始め、女性の会話のふしぶしには、自分の感情が入ってしまうことが多々あります。

これが女性同士であれば、お互いの感情を共感し合うことで、そこから会話が盛り上がったり、仲を深めることになるのですが、男性の場合は違います。

話の論点がずれたり、話題があちこちに飛ぶような会話は、男性を疲れさせ、無駄なストレスを与えてしまうだけなのです。そこで、夫をイライラさせないためにも、言い回しの仕方を少し変えてみてはどうでしょうか?

 

関連記事

[fbcomments]