他のどんな飲み物よりも「緑茶」を飲んだ方がいい理由10個

It Mama編集部

美容・健康

他のどんな飲み物よりも「緑茶」を飲んだ方がいい理由10個

日本人におなじみの飲み物といえば、緑茶。ヘルシーなうえに、日本ではコンビニやスーパーなどで手軽に買えるため、毎日飲んでいる、という方も多いのでは?

緑茶には健康や美容に良い成分が入っていると言われていますが、その効果については案外知られていません。

そこで海外サイト『Listicle』より、「緑茶を飲むべき理由10個」をお届けします。普段何気なく飲んでいる緑茶には、どんな秘密があるのか、チェックしてみてくださいね。

 

■1:働きを良くし、頭をシャープにする

緑茶には、新たな脳細胞の成長を活性化し、学習能力を向上させる効果があります。

 

■2:脂肪燃焼を高める

緑茶には、体の脂肪燃焼効果があることがわかっています。油ものや高カロリーの食事時には、緑茶を一緒に飲むようにしたいものです。

 

■3:身体を健康にする

緑茶の主成分であるカテキンには、ウィルスを撃退する効果があります。風邪などの病気にかからなければ、健康な生活をキープできますよね。

 

■4:癌の発生を抑制する

緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが細胞の癌化を予防します。また緑茶に多く含まれるビタミン類が、発ガン物質の作用を抑制することも判明しています。

 

■5:心臓病のリスクを軽減する

緑茶には心臓の動脈を柔軟にする効果があり、血圧の変化にスムーズに対応できるようにする作用があります

 

■6:アルツハイマー病にかかるリスクを軽減する

緑茶に含まれるカテキンには、認知症の一種である”アルツハイマー病”を予防する効果があります。

 

■7:パーキンソン病にかかるリスクを軽減する

脳の中の神経に異常が起こることで発病する”パーキンソン病”。緑茶を飲むことで、パーキンソン病にかかる危険性も低くすることが出来るようです。

 

■8:バクテリアを殺して歯の健康に役立つ

カテキンには、抗菌作用があり、虫歯予防にも効果的です。

 

■9:2型糖尿病になるリスクを軽減する

日本人の糖尿病の95%以上は、2型糖尿病といわれています。緑茶を摂取することで、2型糖尿病の発症率が低くなります。

 

■10:長寿に役立つ

世界第一位の長寿大国である日本。東北大学の研究チームは、日頃から緑茶を飲む人は、そうでない人よりも死亡率が低いという研究結果を発表しています。

 

以上、緑茶を飲むべき理由を10個紹介しました。緑茶にここまでの効果があるとは、驚きですね!

緑茶は健康に良く、食事のお供にも最適な飲み物。ペットボトルの緑茶を買うのも手ですが、急須でゆっくりお茶を入れてみるのもいいですよね。

自分自身はもちろんのこと、いつでも家族の方が緑茶を飲めるように用意してみては?

 

【参考】

Top 10 Reasons Why You Should Drink Green Tea - Listicle

糖尿病ってどんな病気? - 厚生労働省

「腹六分目」を続ければ、20年長生きできる? - 週プレNEWS

【薬いらず?】緑茶の効能/効果が最強すぎる - NAVER まとめ

アルツハイマー病にかからないための知識 - 医療法人山裕会 山本クリニック

関連記事

コメント

コメント