日本人女性に「自分と他人を区別できない人」が多い意外な理由

It Mama編集部

社会

日本人女性に「自分と他人を区別できない人」が多い意外な理由

誰だって、好みや価値観は違うもの。そのため、自分の好きなものが、他の人にとっても好きなものとは限りません。

にもかかわらず、誰かが好きなものを「あんなの好きなの? 信じられない! 私は好きじゃないわ~」などと否定する女性、結構多いと思いませんか?

違って当たり前なのに、「私は違う。あなたはおかしい」「それは普通じゃないよ」なんて言われても、困ってしまいますよね。

こういった「私とあなたは同じで当然」と考える日本人女性は、少なくありません。

精神科医・水島広子先生は、その理由を著書『女子の人間関係』で、「社会全体が女性という存在に”察すること”や”お母さん”のような役割を期待しているから」と分析しています。

言われてみると「確かに!」と思いませんか? そこで、以下から詳しく説明していきます。

 

■自分と他人を区別できないと起こる恐ろしい弊害

そもそも、「私の考えが正しいんだから相手も同じはず」と思い込むと、どんな困ったことが起こるかわかりますか?

「”自分は自分、相手は相手”と線を引くことは、健康な人間関係の基本です。これができないと、思い込みから行動して相手に煙たがられたり、相手の問題なのに勝手にイライラしたり、という”相手の領域の侵害”が起こってきますし、自分のことについても”顔を見ればわかるでしょう”というような態度をとって相手を困らせたり人間関係のトラブルを招いたりしてしまいます」

「見ればわかるでしょ」みたいな態度も、女性はやりがちですよね。しかしこれも、「自分と他人は一緒」と思っている証拠だったんですね!

このような状態を、水島先生は「”自分の領域”と”相手の領域”の区別の欠如」と解説しています。区別できない人はコミュニケーションしにくいので、なかなか人とうまくやりとりできなさそうですね。

 

関連記事

コメント

コメント