ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

It Mama編集部

ニュース

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

冬、全国でノロウイルスが猛威をふるいましたね。

このノロウイルスは、死ぬほど辛い病気のひとつ。かかった人達から話を聞くと、「ただの風邪ならまだいいけどあいつは勘弁」「こんな辛い病気初めて」なんて悲痛の叫びが……。

本当に恐ろしいので、「絶対に自分の子どもを感染させたくない!」と気を付けたくなりますよね。

ノロウイルスの悪魔を防ぐためにはまず、手洗い・塩素系消毒などが挙げられます。他には、ヨーグルトなどに含まれているラクトフェリンも「予防効果がある」とテレビを中心に話題となっています。

これが予防になるなら食べさせたいですが、まだ未成熟な体の子どもが口に入れるものはちょっと安全性が気になりませんか?

そこで、そもそもラクトフェリンがどんな成分なのか、ラクトフェリンについて50年研究をしている森永乳業 食品基盤研究所の山内恒治さんにお話を伺ってきました!

 

■ラクトフェリンは母乳の成分なので安心して摂取できる!

まず気になるのが、「子どもが食べても大丈夫なのか?」というところですよね。真っ先にこの点を確認したところ、そもそもラクトフェリンは天然の免疫成分だということがわかりました!

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

一言で言うと、母乳(初乳)に多く含まれている成分。母乳については妊娠中お医者さんに色々と教えてもらったと思いますが、タンパク質を始め、赤ちゃんの成長に必要なものがつまっている素晴らしい飲み物。

だから、ラクトフェリンも赤ちゃんが飲んでも全く問題ないくらい安心・安全なのだそう!

しかも、無味無臭。粉薬のようなものをイメージしていたので、実際に桜色のラクトフェリンを舐めさせてもらってビックリ。その代わり、とても貴重です。

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

山内さんによると、「牛乳全体に1万分の1しか含まれていない」とのこと! それで、シンプルなラクトフェリンの抽出工程を見つけるのも、時間がかかったそうです。背景を知ると、ありがたみが増しますね。

 

■ラクトフェリンは腸の中でノロウイルスと対決する

次に気になるのが、「なんでラクトフェリンがノロウイルスを予防してくれるのか?」というところですよね。効果については、大きく分けると間接的効果と直接的効果の2つが考えられています。

(1)間接的効果・・・摂り続けると、体全体の免疫力がアップ。それにより、感染症を防ぐことができる。

(2)直接的効果・・・摂ると、ラクトフェリンがウイルスや腸管細胞と結合して付着を防いでくれ、さらにウイルスの増殖も防いでくれる。

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

(図の説明 → 緑○:ウイルスや病原菌、LF:ラクトフェリン、LFcin:ラクトフェリンが胃で分解されてできた抗菌活性ペプチド)

腸内にアンパンマンみたいなラクトフェリンがとどまっていて、バイキンマンみたいなウイルスと戦っているところを想像するとわかりやすいです。

言葉にすると端的になってしまいますが、実際は相当スゴイことですよね。今でも、ノロウイルスは有効な抗ウイルス剤が見つかっていません! そのため、通常は対症療法。

そんな厄介な病気を、このラクトフェリンがバッチリ防いでくれるのです。山内さんのお話を聞いていて、「よく見つけたな~」としみじみ……。

しかも、腸内で戦ってくれるのはノロウイルスだけではありません!

なんと別にノロウイルス限定の成分ではなく、他の感染症も一緒に防いでくれるのだとか。だから、これからの季節に気になる食中毒の予防にもピッタリ!

こんなに万能な成分なら、ラクトフェリンがもっと広がって感染症全般で苦しむ人が減っていくといいですよね。

 

■小さい子どもが喜ぶラクトフェリンの摂り方3つ

ただし、一度口にすれば予防になるのではありません。ラクトフェリンを含むヨーグルトや乳飲料、サプリメントを毎日摂取することで、効果を発揮します。つまり、習慣にする必要があるのです。

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

でも、子どもは毎日同じものを出すと結構飽きちゃいますよね……。それで山内さんから、ラクトフェリン入りのヨーグルトのオススメな摂り方も教えていただきました!

(1)他の飲み物と混ぜて飲む

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

普通の牛乳と混ぜる飲み方もありますが、ベストはラクトフェリン入りヨーグルトと乳飲料を両方混ぜてヨーグルトドリンクにして飲むこと! そもそも母乳の成分なので、乳飲料との相性は抜群!

他の成分に影響されないので、野菜ジュース、バナナジュースに混ぜて飲むのもOK。暑くなってきたら、アイスクリームに混ぜて飲むのも喜ぶはずですよ。

(2)フローズンヨーグルトにする

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

さらにラクトフェリンは、冷凍しても大丈夫! そのため、ちょっとだけハチミツを入れて凍らせて、ラクトフェリン入りのフローズンヨーグルトを作って食べるのもマンネリ防止になります。

(3)サラダにトッピングする

ついにノロウイルスを予防する「革命的な成分」が明らかに!

あとは、ドレッシング代わりに、レタスやトマト、キュウリなどの上にかけて食べるのもひとつ。今の季節は春キャベツがおいしいので、コールスローサラダにラクトフェリン入りのヨーグルトを使うのもいいです。

他には、ケチャップと混ぜてオーロラソースにして、プリプリの海老やゆで卵にかけるのもおいしいですね。これをパンに挟んで朝食に出すと、子どもも喜んでパクパク食べてくれます。

ただし、ラクトフェリンは熱に弱いので、熱々のケーキやスープに混ぜたり、炒めるときに調味料として使ったりはしないでください。ソースとして使うときは、熱々の揚げ物あたりは避けていきましょう。

ちなみに山内さんはスーパーやコンビニで販売されている『ラクトフェリンヨーグルト』や宅配で届くラクトフェリン入りのヨーグルトを、毎日食べているそうです。

スーパーでも買えますが、宅配だと買いに行く手間がいらないので習慣にできそうですよね!

他にも、森永乳業の宅配サービスサイトの「宅配商品で作る♪アレンジレシピ」にたくさん食べ方・飲み方が載っているので、ぜひこの中から「これなら続けられそう」というものを探してみてください。

 

子どもが病気で苦しむ姿は、見ていて本当に辛いもの。しかもノロウイルスは、ちょっとだけでも感染します。一緒にママもかかると、たださでさえ大変な看病がさらに過酷に……。

でも、保育園や幼稚園はどうしても感染しやすい環境。手洗いや消毒では予防しきれないこともあります。

そのため、家族全員でラクトフェリンをおいしく食べて習慣にしていき、ノロウイルス&これから気になる感染症全般をバッチリ予防しませんか?

 

【参考】

※ 宅配商品で作る♪アレンジレシピ - 森永乳業 宅配ミルク

※ ノロウイルス予防は、ラクトフェリン! - 森永乳業株式会社

関連記事

[fbcomments]