買うとき参考にすると「足のトラブルを防げる」靴の選び方7つ

島津優理子

子供

買うとき参考にすると「足のトラブルを防げる」靴の選び方7つ

みなさんは、子どもの靴をどのように選んでいますか?

赤ちゃんのファーストシューズは足にいいものを選ぶママも多いと思いますが、成長するにつれ、デザインやキャラクター、ブランドなどで選んでいませんか?

オシャレも大切ですが、そればかり重視してしまうと、思わぬ足のトラブルを招くことに……! そこで今回、足のトラブルから子どもを守るために知ってほしい”正しい靴の選び方”をお伝えします。

 

■本当に正しい子ども靴選びのポイント7つ

まず、幼児は足の成長が早いですよね。もったいないからと大きなサイズの靴を履かせたりしていませんか? また、きつくなっていることに気づかずにいることはありませんか?

サイズや足の形が合っていない靴を履いていると、足の発達を阻害する恐れがあります! 大切なことは、必ず子どもをお店に連れて行って試し履きをさせること。

そして、幼児は足の成長が早いため、3〜4ヶ月を目安にサイズを確認しましょう。さらに買うときは、株式会社ムーンスターの「子供の足のための知識」がまとめているポイントを参考に靴を選んでみてください。

(1)つま先部分が広く、指が靴の中で自由に動くもの

(2)かかとのまわりがしっかりしているもの

(3)靴底が指の付け根部分でしっかり曲がるもの

(4)甲の部分が足にフィットしているもの

(5)通気性がよくムレにくく、衛生的な素材のもの

(6)激しい運動をしても足がずれない紐やマジックテープタイプのもの

(7)激しい衝撃を吸収できる靴底のもの

全部で7つ! たったこれだけなら、お店ですぐに確かめられますよね。

 

正しい足のサイズを測ってもらうのがベスト

また、レジに持っていく前に、お店の人に子どもの足のサイズを計測してもらうこともオススメです。例えば、子ども靴専門店の『ゲンキキッズ』では、最新の足型計測器『フッ撮る』にて足の撮影、計測をしてくれます。

買うとき参考にすると「足のトラブルを防げる」靴の選び方7つ

裸足になって、計測器に立つだけでOK! プリントアウトした用紙はいただけるので、子どもの足の成長記念にもなりますよ! 専門スタッフの方が靴のアドバイスもしてくれるので、購入しやすいです。

あと、こども靴情報サイト『キッズランド』では、Webサイトから足の計測用紙をダウンロードすることもできます。ぜひこれで、足のサイズを測ってみるという体験もしてほしいです。

ただし、紙質や測り方によっては、目盛りに誤差が生じる場合もあります。正確なサイズを知るためには、シューフィッターなどがいる靴の専門店で計測するのがベストです。

 

以上、正しい靴の選び方についてでした。意外と「靴を買うとき、ここまでちゃんと見てなかった!」と驚いてしまったママもいるのでは?

足の形に合った靴選びをは、足のトラブルを回避するためにとても大切なことです。これから子どもの靴を買うときは、今までよりもしっかりとこだわってあげましょう。

 

【参考】

※ 子供の足のための知識 - MoonStar

※ 子ども靴専門店のゲンキキッズ

※ 足のサイズの測り方 - こども靴情報サイト キッズランド

関連記事

コメント

コメント