要注意!意外と知られていない「逆に損する」学資保険の入り方

海老原政子

子供

要注意!意外と知られていない「逆に損する」学資保険の入り方

新入学(園)の季節ですね。おめでとうございます!

お子様の成長とともに気になってくるのが、そう”教育費”です。

みなさんは、どのようにご準備されていますか? このとき、貯金ではなく、学資保険を選択する家庭が多いですよね。

今回、ファイナンシャルプランナーの海老原政子が、学資保険の注意点についてお話しします。

 

■教育費準備で学資保険には必ず入るべき?

お子様の大学入学資金と割り切って考えるのであれば、学資保険以外にもいろいろ方法はあります。また、学資保険以外の生命保険(低解約返戻型終身保険など)を活用する方法もあります。

学資保険の一番のメリットは、契約者に万が一のことがあった場合、その後保険料を支払うことなくお祝い金(満期保険金、生存給付金)が貰えること。

また、お子様の教育費を手当てするためという明確な目的を持っているため途中解約し難く、結果的にきちんとお金を残せる点も大きいと思います。

一方デメリットとしては、途中解約時、解約返戻金がそれまで支払った保険料を大きく下回ってしまう可能性があること。

また、学資保険は加入時点で保険料とお祝い金の金額が確定されるため、将来インフレとなったとき実質的な価値が下がってしまう、家計収入に大きな変化があった場合保険料を払いきれなくなる、といったことが考えられます。

学資保険を貯蓄として捉えるのであれば、必ずしも必須のものではありません。

後述するように、契約の仕方(支払い方法や特約の有無)によっては、戻り率が100%以下になってしまうこともあります。積立預金や他の金融商品で準備したり、学資保険と積立を併用するという方法も視野に入れてみては?

 

■特約をつける? それとも、つけない?

学資保険につける特約は大きく分けて、お子様の入院や手術への備え(医療保障)とご契約者に万が一のことがあったときに毎年貰える給付金(育英年金)があります。

安心は大きいに越したことはありませんが、保険料とのバランスを見極めたいもの。

保険料算出の一つのポイントとなる予定利率はこのところ下降線を辿っており、同じお祝い金をもらうための保険料は、バブル期以降、相対的に高くなってきているからです。

こうした保障を特約として付け加え加えることで、総支払い保険料より、お祝い金の合計が小さくなってしまう。結果、そのまま銀行などに定期預金として預けて置いた方が貯まった、ということにもなりかねません。

特に乳幼児に対する自治体の医療費助成は手厚く、お住まいの地域にもよりますが、対象となる期間も小学校低学年から長いところでは中学卒業までの自治体もあります。

そのため、医療保障特約は、公的な制度を踏まえて、本当に必要かどうか検討されることをおすすめします。

また、育英年金についても、契約者が加入中の死亡保障の他に必要なのか、保険料は割高ではないかなどの検討が必要です。学資保険の保険料を抑える工夫として、次のことも考えてみてください。

・お祝い金はこまめに出るタイプではなく17,18歳満期タイプにする。

・保険料は年払や短期払(たとえば、小学校卒業までに払いきる)にする。

・パパではなくママを契約者とする(学資保険は、同じ年齢・保障内容なら男性より女性のほうが保険料が下がる傾向があります)。

 

いかがでしたか? たとえ同じお祝い金であっても、学資保険は入り方次第で戻り率に差が出てきます。

教育費は本来、計画的に貯めやすい資金です。お子様の成長を目にする機会の多いこの春。学資保険以外の方法も含め、どう準備していくか、じっくり検討の上で早めの行動を!

 

【関連記事】

※ 入学準備はできている?幼児期の「ひとりで出来た!」が大事なワケ

※ 子どもが「やりたい」と言った習い事を「辞めたい」と言ってきたら?親のNGワード3つ

※ 放任主義はキケン!? 子どもに「正しい箸の持ち方」を●歳から教えたい理由

「ママキレイ!」って言われ続けたい!自慢のママでいるために必要なケアとは

ファーストトイに選びたい!先輩ママたちが支持しているおもちゃとは?
 

【参考】

※ 戻り率=受取総額(お祝い金累計+満期保険金)÷総支払保険料×100

小学校卒業までに学資準備する方法もある! - 楽天の保険ニュース&リサーチ

【著者略歴】

※ 海老原政子・・・ファイナンシャルプランナー。元生命保険外交員、そして一児の母として子育て真っ最中の主婦目線でのアドバイスが好評。千葉市在住のアラフィフ。 家計収支の改善、住宅ローン、生命保険比較など、お気軽にご相談ください。

[保有資格]二級FP技能士/AFP、証券外務員(二種)、損害保険募集人資格(一般)、住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会)

 

関連記事

コメント

コメント