普段やりがちだけど実は逆効果になってしまう「NG美容」5つ

It Mama編集部

美容・健康

普段やりがちだけど実は逆効果になってしまう「NG美容」5つ

最近は、美魔女ブームで信じられないくらい実年齢より見た目年齢が若い女性が増えていますよね。やっぱり、いつまでもキレイな女性でいたいもの。

そのためには、”間違ったことをしない”ことが大事。美容皮膚科医の鈴木稚子さんは、著書『女医が実践している「ちょっと変えるだけ」でだれでもキレイになれるシンプルな習慣』で、「悪いことをしないだけで、肌は十分キレイになるのです」と語っています。

実際、皮膚科のお医者さんは余計なことをしません。だから、美肌の持ち主が多いのです! 鈴木さんも、四十代なのに二十代に間違われることも多いそう。

そこで今回は、鈴木さんが「やりがちだけど実は間違っているのでやめた方がいい」と指摘している美容行為を5つご紹介します。若々しさを維持したいなら、今すぐやめてください!

 

■1:ニキビにヨーグルトを塗る

「ピロリ菌などをやっつける乳酸菌が含まれているので殺菌効果があると思っている方がいますが顔につけても殺菌効果はありません」

体の健康だけでなく、お肌にも効果的なイメージのあるヨーグルトですが、直接顔に付けても、ニキビには効果が無いとのこと。ニキビを治したいのであれば、ヨーグルトよりも、食物繊維やビタミンを摂取する方が効果的なようです。

 

■2:強引にニキビをつぶす

「自分で強引につぶすと逆に炎症を拡大させてニキビ跡にさせてしまいます」

ニキビって、ひとつでもできると気になって指で触っちゃったりしがちなんですよね。でも、それが原因でニキビ跡ができる方がやっかいです! ニキビができても自分でつぶすことだけは絶対にやめましょう。

 

■3:シミにレモン汁をつける

「逆に肌に刺激を与えてしまいよくありません。レモンはつけないで食べましょう。ニキビや激しい日焼けの後に予防的にパックとしてつける方もいますが逆に刺激になって悪化することもあります」

レモンなど柑橘類の汁は、肌にすっとした爽快感を与えてくれます。ビタミンCも豊富なので、つけた方がいい気がしますよね。しかし、実はつける行為はNGなのです。

筆者も、日焼けした肌の痛みをおさえるために使っていた時期があったので、猛烈に反省しています……。レモンは肌つけるのではなく、食べることで美容に効果があるのだと覚えておきましょう。

 

■4:シワができやすいところはできるだけ引っ張って伸ばす

「これも逆に皮膚がたるんでしまい、よりシワができやすくなってしまいます」

洋服とは違い、肌のシワは伸ばして消えるものではないようです。特に、目尻や鼻周りのシワって年齢とともに目立ってくるので、どうしても気になってしまいますが、むやみやたらに伸ばして引っ張るなんてことのないように!

 

■5:唇が乾燥しやすいのでいつも舐める

「逆に唇の荒れや乾燥を悪化させます。唇は他の皮膚よりも角質が薄く、皮脂腺もなく、唇と皮膚の境のところにある皮脂腺からの皮脂で潤いを保っているだけなのです。

ですから唇は荒れたり乾燥しやすいのですが、そのわずかな皮脂を舐めることにより唾液で取り去ってしまうと一時唾液で水分が補えたかのように見えても、だ液はすぐに蒸発してしまうので結局は乾燥を悪化させてしまうのです」

リップクリームを頻繁に塗るのが億劫だとやってしまいがちですが、唇にとって舐めるのは一番ダメなことです。

唇のガサガサが気になって、つい舐めてしまうという人もいると思います。しかし、これ以上乾燥を悪化させないためにも、きちんとリップクリームなどで保湿してあげるようにしてください。

 

今まで効果があると信じて疑わなかった美容行為が、実は”お肌にとって悪影響を及ぼしていた”なんてショックですよね。

間違っていること&本当に正しいことをもっと知りたいなら、『女医が実践している「ちょっと変えるだけ」でだれでもキレイになれるシンプルな習慣』を読んで勉強してみては?

皮膚科医の鈴木さん御墨付きの美容テクニックが詰まっているので、エステで大金をかけよりずっと有益ですよ!

 

【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 夫婦関係ギクシャクしてない?夫の自尊心を倍増させる魔法のフレーズとは

※ 忙しいママの新習慣!体の内側からキレイを作るお手軽美容法とは

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【参考】

鈴木稚子(2014)『女医が実践している「ちょっと変えるだけ」でだれでもキレイになれるシンプルな習慣』 現代書林

関連記事

コメント

コメント