幼児語はもう時代遅れ!使わない方が子どもの言語能力は上がる

立石美津子

ニュース

幼児語はもう時代遅れ!使わない方が子どもの言語能力は上がる

子どもに幼児語を使うのは、時代遅れの風潮があるのかもしれません!

昔は、「あんよ上手ね」「マンマ食べようね」「ないないしてね」といった幼児語を耳にすることが多かったです。しかし、最近は、幼児語を連呼するママはあまり多くないように感じます。

でも、これはとってもいい傾向! 親が幼児語を使わないようにすることは、子どもの言語能力を伸ばすからです。

そこで今回は、幼児語を使わないようにする方法を、『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』の著者の立石美津子がお伝えします。

 

■正しい日本語を大人から学ぶので幼児語はNG!

つぶらな瞳の子どもが「ワンワン大ちゅき!」「マンマおいちい!」なんて言っていると、可愛くて思わず抱き締めたくなりますよね!

けれども、子どもと一緒になって「ワンワンだいちゅきなの?」「マンマおいちいでちゅか?」などとつられて答えていると、いつまでも幼児語からは卒業できません。

もちろん、子どもが舌足らずで幼児語を使うのは仕方ありません。でも、大人が真似をしない方がベター。というのも、子どもは、大人から正しい日本語を聞いて言葉を獲得していくからです。

子どもが「お母さん指」「お父さん指」と言ったときに「そうね、人差し指ね」「親指ね」と言ったり、「ないないする」と言ったときに「片付けようね」「整理整頓しようね」と言ったりしてみましょう。

 

■幼児語を使わないと子どもの言葉が豊かになる!

小学生に作文を書かせると、「雨が降っている」としか書けない子どもと「雨がザーザー降っている」と表現できる子どもがいます。表現力が高いですよね。

小さい頃から、「雨こんこん降ってきた」と言ったときに「そうね、雨がシトシト降ってきたね」なんて受け答えしている家庭の子どもは、言葉がどんどん豊かになります。

とはいえ、大人の言葉だけでは限界があります。そのため、絵本の読み聞かせをしていると、沢山の表現に触れることができますよ。

絵本がいいのは、

・土砂降りの雨が降ってきた

・雨がザーザー降ってきた

・雨がパラパラ降ってきた

・雨がシトシト降ってきた

など、文章に様々な表現がされているからです。言葉が豊かということは、それだけ深く思考しているということ。自分の感情の整理もできるようになります。

大人からの正しい日本語を聞き、さらに沢山の絵本の読み聞かせをしていると、豊かな表現ができるようになりますよ!

 

ただし、最後に注意点がひとつ。

大人が言い直しをしないでください。例えば、子どもが「お母さん指」と言ったときに「そうじゃないでしょ。人差し指でしょ!」と言ったり、「シーシーちたい」と言ったとき「違うでしょ!トイレに行きたいでしょ!」と言ったり。

これをやってしまうと「何か喋ると細かく注意される」と感じ、心にひずみが生じてしまいます。幼児言葉に変換することなく、ただただ大人が普通に喋るのを聞かせていれば、幼児語は自然消滅しますよ!

 

【関連記事】

「ママキレイ!」って言われ続けたい!自慢のママでいるために必要なケアとは

※ 7,500人以上教えた専門家がズバリ!キャラ弁を「止めたほうがイイ」理由

※ 気をつけて!「コレをやると嫌われる」歓送迎会のNGマナー4つ

※ 子ども大喜び!パパに言われると「意欲がグングン伸びる」魔法の言葉2つ

ファーストトイに選びたい!先輩ママたちが支持しているおもちゃとは?
 

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・1961年大阪市生まれ。聖心女子大学在学中、幼稚園教諭・小学校教諭免許を取得、佛教大学にて特別支援学校教諭許取得後、障害児教育に携わる。32歳で株式会社パワーキッズ(教室名:エンピツらんど)を起業。

現在、教室に3歳~小学校3年生まで7,500名の生徒が通う。講演家・作家・自閉症児の子どもを持つ1児の母。

著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』(中経出版)、『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』(あさ出版)がある。

関連記事

[fbcomments]