子どもの人格が豊かに形成される習い事「リトミック」とは?

柳原佳恵

子供

子どもの人格が豊かに形成される習い事「リトミック」とは?

みなさんは、”リトミック”って聞いたことありますか?

今はまだ、初耳なママの方が多いかもしれません。これは、小さい子どもの習い事です。

ただ、水泳、ピアノ、英会話などはイメージしやすいですが、リトミックって具体的に何をして、どんな目的があるのか、イマイチわかりにくいですよね。

そこで今回は、実はとっても素敵なリトミックの魅力をお伝えしたいと思います。

 

■リトミックは普通の習い事と大きく異なる!

そもそもリトミックは何なのかと言うと、二十世紀初頭にスイスの作曲家・音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズが、児童心理学、大脳生理学の観点から提唱した音楽教育法のことです。

音楽を通して、子どもの集中力・想像力・思考力、そして美しいものに素直に感動できる心を育み、子どもたちの秘めた可能性を引き出す習い事です。

このリトミックのレッスンは、普通の習い事と大きく違います。

子どもの人格が豊かに形成される習い事「リトミック」とは?

大人が決めた動きをするお遊戯とは違い、先生のピアノや音のニュアンスを感じ取り、子どもたち自身が考えて行動表現することを最も大切にしているのです!

そのため、子どもたちにとっては楽しい音楽遊びであっても、中身は年齢ごとに大きく異なる脳の発達や身体の成長を考慮したプログラム。

“自らが音楽や音に反応し身体で表現する”ことが大切な習い事なので、始めるのは自分の脚で立って重心移動ができるようになる1歳半くらいからがベターです。

 

■リトミックは人格形成で必要なものが養える!

リトミックの目的は、従来からある習い事のようにそれ自体の技術を磨くのではなく、もっと基本的で基礎的な次の3つを伸ばすことです。

子どもの人格が豊かに形成される習い事「リトミック」とは?

・能力(集中力・思考力・表現力など)

・マインド(好奇心・自立心・探究心など)

・キャラクター(社会性・創造性・感受性など)

どれも、人格を形成する際に必要なものですよね。リトミックを始めると、これらの要素をバランスよく養うことができます。そのため、豊かな人格を築いていけるのです!

 

■リトミックは成長時期でレッスン内容が違う!

それでは、実際にどんなレッスンをするのでしょうか? 具体的な内容が気になりますよね。リトミックのプログラムは、年齢によって変化します。各年齢別のレッスンは以下の通りです。

※リトミック研究センターのカリキュラムによる

[1歳児]

1歳児は物真似の天才! 周りの人が、何よりもお手本になります。そこで一番安心できるママと一緒に、いろいろな音を経験し、リズム遊びで感性を育み脳の発達を促していきます。

[2歳児]

2歳になると、ママから少しずつ離れ、お友達との交流を増やしながら、手指の小さな運動や自由なリズムをとって、自分の表現を楽しみます。

[3歳児]

「どうして」「なんで」が多くなってくる3歳児は、模倣することから創造する時期へ成長してきた証拠。表現のはばを広げて創造性を鍛えると共に、1から10を数えて数の感覚も養います。

また、音楽に合わせて言葉のリズムを打ったりステップしたりしながら、リズミカルな思考と身体を作ります。

ちなみに、一説にはなんと大人の脳の80%が3歳までに発達すると言われているそうです! ”3つ子の魂〜”といったことわざもあるように、3歳までの期間は大切にしてあげたいものですよね。

[4・5歳児]

4歳以上になると、人前で発表するなど、自らが考え、表現する活動が増えていきます。音楽の内容もレベルがグンと上がり、リズムを線や文字、音符で表現したりします。

 

以上、リトミックの魅力と内容についてお話ししました。いかがでしたか?

子どもはみんな音楽が大好き。それはやはり音楽が人間にとってとても自然な営みで、生まれ持った表現手段のひとつだということの証なのかもしれません。

リトミックは、音楽を”学習”という姿勢ではなく、感覚・身体・頭の全身をフル活用してのびのびと楽しむ中で、人間本来が持っている力を開花させます。

つまり、子どもの個性を伸ばす可能性がたくさん詰まっている習い事。色々な習い事が気になると思いますが、ぜひ選択肢のひとつにしてみませんか?

 

【取材協力】

特定非営利活動法人 リトミック研究センター・・・1988年、国立音楽大学名誉教授・板野平のもと、リトミックをわが国に広く普及し、多くの子どもたちが恩恵に浴することができることを願い、前会長・岩崎光弘らによって設立。

現会長・板野和彦(明星大学教育学部教授)を中心に、創始者エミール・ジャック=ダルクローズの指導理念を具体化し、指導者を育成するとともに「こどものためのリトミック」を研究・実践し続けている。

関連記事

[fbcomments]