絶対に飲みすぎちゃダメ!おいしいけど「体に悪い」飲み物11個

It Mama編集部

美容・健康

絶対に飲みすぎちゃダメ!おいしいけど「体に悪い」飲み物11個

ジュースやコーラって、おいしいのでつい飲んでしまいますよね。水やお茶が健康的だとわかっていても、自動販売機の前で選んでしまいませんか?

口当たりがよくても、体に悪い飲み物です。うっかり選ばないように、これらがダメな理由をしっかり頭に入れておきましょう。

そこで、ダイエット情報サイト『SHAPE』を参考に、飲みすぎは絶対NGな飲み物を11個ご紹介します。

 

■1:ジュース

”果汁入り飲料”や”カクテルジュース”などとラベルに書かれた飲み物はほとんど、どぎつい色の砂糖水です。

少しでも健康のことを考えるなら、オレンジジュース、クランベリージュース、アロエジュースなど、果汁100%のジュースがベター。これら以外で、健康にいいジュースはありません。

 

■2:ホイップ入りのコーヒー

あんなに甘い飲み物が、体にいいわけありません。

大きなコーヒーカップに2パーセントのミルクを混ぜると、最大800キロカロリーもあり、動脈を詰まらせる飽和脂肪酸が最大推奨値の3分の1も含まれています。

また、一般のコーヒー飲料にも大量の砂糖が含まれているため、カフェインによる覚醒の前に、砂糖による急激な低血糖症を引き起こす恐れがあります。

 

■3:フレーバーウォーター

最近よく見かける少し味のついた水、フレーバーウォーター。これを飲むことで少しだけビタミン摂取できるかもしれません。

しかし、見た目以上に砂糖が入っています。今度ペットボトルのフレーバーウォーターを買う時は、ラベルをチェックしてみましょう。水、天然香料以外の原料が記されていたら、棚に戻すことをオススメします。

 

■4:ダイエット炭酸飲料

具体的にどれとは言いませんが、ノンカロリーのダイエット炭酸飲料は、栄養もゼロです。毎日ダイエット炭酸飲料をがぶ飲みしている人は、水、お茶などの体に必要な健康な飲み物を飲んでいない可能性が……。

ダイエット炭酸飲料は1日に1缶程度なら構いませんが、5缶も6缶も飲んでいれば、やがては体調を崩してしまうでしょう。

 

■5:フローズンカクテル

そもそもカクテルは、数種類を混ぜ合わせると非常にカロリーが高くなります。

例えば、16オンスのピニャ・コラーダは、なんと880キロカロリーです。これは、ラム1ショットの8倍に当たります。それでもあなたは、フローズンカクテルを飲みますか?

 

関連記事

コメント

コメント