春までには知っておきたい「誰からも嫌われない」メイクの基本

It Mama編集部

美容・健康

春までには知っておきたい「誰からも嫌われない」メイクの基本

今、子どもがいても、キレイなママって多いですよね。髪もしっかり巻いて、メイクも抜かりなし。あなたはそんなママと一緒でも大丈夫な準備、できていますか?

春になれば、新生活が始まり、知らない人と接する機会も増えます。手を抜くと、赤っ恥をかいてしまう可能性が大です!

けれども、独身時代と同じでいいのかどうかも悩ましいですよね。子どもと一緒だと、若作りに思われたり浮いてしまったりするのが気になるところ……。

新しく出会ったママに、自分のメイクを一目見て嫌われてしまうのが怖いですよね。そこで、今時のママがやった方がいい春メイクについて、お伝えします。

 

■子どもができたら人前ではやめた方がいいメイクとは?

まず、デカ目メイクはNGです。30代でこんなメイクをしている女性は少ないと思いますが、マスカラや付けまつげなどのデカ目ブームはまだまだ続いています。

春までには知っておきたい「誰からも嫌われない」メイクの基本

目力アップのための、目の上下にアイラインで囲むメイクはできるだけ避けましょう。

そもそも、デカ目メイクを含めて、派手メイク全般が良くないです。周囲のママから、「あのママと仲良くなりたい」と思われにくくなります。そのため、チークやアイシャドウの塗りすぎにも気を付けてください。

今は、ナチュラルメイクが当たり前の時代です! 実際、美容誌の『美的』や『VoCE』では、当然のようにナチュラルメイクの特集が組まれていますよね。

また、ママ向けファッション誌の『mamagirl』や『VERY』に出てくるようなママモデルも、ナチュラルメイクです。よく表紙を飾っている小倉優子さんのように、とにかくメイクは薄く、シンプルにしましょう。

 

■歳を重ねたら”いかにキレイな肌に見せるか”が重要!

それでは、ママがナチュラルメイクするとき、他にはどんなことを気を付ければいいのでしょうか? 色々と気になるところは多いですが、最も大事なのは実は、肌の透明感や滑らかさです!

若い女性はもちろんですが、年をとるとさらに肌をチェックされやすくなります。あなたも初めて会う人は大体、肌を見て「この人、一体いくつなんだろう?」判断しませんか?

よってファンデーションは、とにかく肌の質感を意識して塗るようにしてください。

もちろん、素肌のコンディションが悪くてはメイクが台無しに……! シミやシワを作らないように、普段からしっかり紫外線対策する必要があります。

とくに春は、シミ・シワを引き起こす紫外線”UV-A”が一年で一番多量に降り注ぎます。ピークは5月ですが、今から紫外線対策を始めて、シミ・シワを作らない習慣を身に付けておきましょう。

しかし、ナチュラルメイクに紫外線対策も含めると、「厚塗りしないと」などと思ってしまいませんか? たくさん塗った方がいいような気がしてしまうんですよね。

ファンデーションというものは厚く、均一に塗ってはいけません。のっぺりした感じになってしまいます。それなら、しっかりカバーしてくれて紫外線対策もできるファンデーションを選ぶようにしてください。

例えば、「思わず触れたくなるようなやわらかな肌が作れる」と人気のアイテムが進化したファンデーション、『ゲラン』の「ペルル ブラン ブライト&スカルプト コンパクト」が、この春みんなから愛されたいと願うママにピッタリです。

春までには知っておきたい「誰からも嫌われない」メイクの基本

UV-AだけでなくUV-Bからも肌を守ってくれるSPF20 PA++のファンデーションなので、紫外線も環境ダメージも気にしなくて済みます。

また、真珠の美しい輝きに着目して作られているので、ファンデーションにありがちな”素肌感がなくなる”こともありません! 透明度が高くて、滑らかな肌に見せたいなら、こういったファンデーションでメイクするのも重要ですよ。

ちなみにこのファンデーションは、2月21日より全国で発売。同時に、フェイスパウダー『メテオリット ビーユ』やスキンケア用品が4つ出るので、美容を頑張りたいママはチェックしてみては?

 

もちろん、紫外線は一年中降り注いでいます。よって、美肌のためには日焼け止めを一年中つけた方がいいです。

とはいえ、日焼け止めをいちいち塗るのは面倒なので、ファンデーションでしっかり紫外線対策できると肌も喜びます。今から、紫外線を意識したナチュラルメイクを始めてみませんか?

 

【関連記事】

※ 実は「春」が一番クサい!? 新生活の好感度を左右するアレって?

※ 知ってた?「切り干し大根茶」のオドロキの花粉撃退効果!

※ 飲むと太るは嘘だった!ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方

※ 自慢したい!子どもの写真をプロのように撮影する方法

ママの96%がほしいといった、子どもとの思い出を4倍かわいく残せるアレとは?
 

【参考】

ゲラン

関連記事

[fbcomments]