子どもが成長する上で最も必要なものは「たった3つ」だった

北野さらさ

子供

子どもが成長する上で最も必要なものは「たった3つ」だった

これから、子どもがどんなことに悩むのか、気になりませんか? 辛いときは、何とか支えになってあげたいですよね。

そこで、保育士、そしてソーシャルワーカーとして子育て時のママパパのケアに携わってきた岸本元気さんから、成長時期ごとの子どもとの接し方を教えていただきました。

 

■子どもは成長時期ごとに悩みや不安がある!

まず、子どもは大きく3ステップを経て成長します。それは、”同じ → 違い → 離れ”の3つです。簡単に言うと、みんなと一緒に同じ体験をすること、友達や親との違いを受け止めること、友達や親と離れることを指します。

この3つ、あなたが子どもの頃も経験していますよね? 誰かと一緒に遊んで楽しんだり、誰かと比べて自分の特徴を実感したり、誰かと離れ離れになって悲しんだり……。

大人はみんな、これらを乗り越えて成長してきています。年をとって、昔のことは忘れつつあるとは思いますが、その都度、悩みや不安で苦しい思いをしてきたはず。それは、あなたの子どもも同じです。

そしてこれらの子どもの成長ごとに生まれる不安は、親の接し方で減らすことができます。その接し方のポイントを、以下から時期ごとにお伝えします。

 

■子どもが成長中に感じる不安の減らし方

(1)同じ:保育園・幼稚園児

保育園、幼稚園くらいの時期は、集団生活に慣れるためにみんなと同じ体験をすることがとても大事! 保育園や幼稚園で、みんなで一緒に遊んだり、歌ったり、踊ったりする時間は多いのはそのためです。

親は、「一緒に遊んだら?」とひと声かけてあげるのがベター。子どもがたくさん”同じ”を経験して、積み重ねていけるようにしてあげましょう。

(2)違い:小学生(低学年)~小学生(高学年)

小学校に入ると、運動や勉強、性格や行動などで、親も子ども自身も、他の子との違いを感じ始めることが増えますよね。そのため、この時期になったら、そのような”違い”を受け止めて、個々の”自信”へつなげてあげてください!

しかし、できない子は自信をなくしてしまいがちですよね。そんなときは、できる子と”同じ”ものを絶対に求めないでください! 他の子と同じようにさせて無理が生じると、子どもも親もしんどくなってしまいます。

「運動は●●くんほどうまくないけど、算数なら得意だ」「字は○○ちゃんほどうまく書けないけど、走るのは得意」といったように、それぞれの違いを知って、その子なりの自信を育てていくことが正解です!

(3)離れ:小学生(高学年)~中学生

最後は、小学生(高学年)~中学生。この時期になると”離れ”を経験します。クラスで私立中学を受験する子がいたり、塾に通うために友達が一緒に遊べなくなったり……。今まで経験したことがないものなので、戸惑うことも多いです。

こういった離れの不安をうまく乗り越えるためには、前の”同じ”や”違い”をしっかり経験させて、自分に自信をつけることが大切になります。これが俗に言う、自己肯定感です。このふたつを意識してください。

ちなみにこの時期は、子どもだけではなく、親自身も子どもが離れていくように感じます。親が子どもの持つ不安をしっかり受け止めてやりながら、親自身も離れていく子を受け止めるようにしましょう。

 

以上、成長時期ごとに感じる不安とその減らし方でした。読んでみて、あなたはどんなことを感じましたか? 子どもには十分な”同じ”と”違い”の経験が必要ということがよくわかったのではないでしょうか。

いつか子どもは、親の手を離れていくものです。そのときまで、自分に自信がつくような子育てをしていきませんか?

 

【取材協力】

※ 岸本元気・・・『親と子のメンタルヘルス研究所』所長。『ソシアルプラン』代表者・言葉がけコンサルタント。保育ソーシャルワーカー(保育士・精神保健福祉士)。1967年福岡県生まれ。

親と子と先生のためのメンタルヘルス支援を行う、『親と子のメンタルヘルス研究所』にて言葉を使った認知行動療法(言葉がけセラピー)を行い、子どものうつ病や様々なメンタル不調、発達障がいをもつこどもたちの生活サポートを行う。

また、数少ない保育現場専門のソーシャルワーカーとして様々な家族支援や子育て支援(保育相談支援)も行っている。

関連記事

コメント

コメント