夫と家事を分担しても妻が「私ばっかり」と思ってしまう理由

It Mama編集部

悩み

夫と家事を分担しても妻が「私ばっかり」と思ってしまう理由

あなたは、共働きなのにほとんど家事をしてくれない夫に不満を抱いていませんか?

密かに、「夫に言っても聞く耳を持ってくれない」「考え方が合わない」と我慢している女性は多いはず!

そこで今回は、心理コーディネーター織田隼人さんのサイト『男心と女心』から、家事についての考え方の男女差をご紹介します。

男性も女性もお互い気持ちよく生活できるよう、ぜひ参考にしてみてください!

 

■男性が「俺も家事するの?」と思ってしまう理由

まず、ほとんどの男性が「生きていく上で、仕事が一番重要で一番大変なこと」と思っています。

一方、女性は小さい頃から母親の行動をよく見ているので、「仕事も大事だけど、家事も同じくらい大事」と考える人が多いです。

そのため、仕事だけをしている男性に対し、「仕事しかしてくれない」と思ってしまうのです!

このように男女で考え方が大きく異なる理由について、織田さんは「男性は時間がかかったり、大変なことについては、重要度が高いと考えます。

女性は時間がかかったり、大変だったりとかをあまり意識せず、それぞれの重要度は同じくらいと考えます」と語ります。

夫と家事を分担しても妻が「私ばっかり」と思ってしまう理由

つまり男性は、「そんなに時間かかってないじゃん」「重労働でもないじゃん」と思っているから、家事をそこまで重視できないのです。

女性は、料理や洗濯、掃除など色々な家事をしているので「時間とか大変さとか関係なく、とても重要なこと」と考えています。

夫と家事を分担しても妻が「私ばっかり」と思ってしまう理由

そもそも、お互いにとって重要度合いが違う。

だから男性に家事を頼むと、「何で俺も家事をしないといけないの?」と言われたり、「仕事で疲れてるから」などと言い訳してやってくれなかったりするのです!

 

■男性に言い訳させずに家事をしてもらう方法

それでは、どうしたら家事をしてくれるようになるのでしょうか?

織田さんは、「男性に”簡単な”作業をやってもらうこと」を推奨しています。

「女性からは、男性に簡単なことをお願いするようにしましょう。男性は、自分から進んで簡単な作業を行うようにしましょう」

オススメは、”マッサージ”や”ゴミ出し”、”お風呂洗い”など。さすがにこの程度のことなら、言えばやってくれますよね。

女性は重要度をあまり意識しないので、これだけでも「家事をしてくれる」と思えるようになるはず!

このとき、「私は●●するから、あなたはゴミ出ししてくれない?」と言うと、「何で俺が?」と言い返されずに済みますよ。

夫と家事を分担しても妻が「私ばっかり」と思ってしまう理由

まとめると、仕事や家事に対する考え方が違うので、お互いが重要だと思っていることを知り、それを尊重し合えばうまくいく、ということです。

 

いかがでしたか?

要は、言い方ひとつ。こんな些細なことで、お互いが毎日気持ちよく過ごせるようになるのです。家事に消極的な夫に、さっそく試してみては?

 

【参考】

頑張った重要度-男心と女心

61.私ばっかり……「頑張り」の考え方にも男女で違いがあった!-4コマ!異性の心理

関連記事

コメント

コメント