発見!子どもの野菜嫌いを克服する超画期的な方法4パターン

島津優理子

子供, 悩み

発見!子どもの野菜嫌いを克服する超画期的な方法4パターン

「うちの子、野菜嫌いで困っているの」と悩んでいるママはいませんか?

子どもが野菜を食べてくれないと、栄養がちゃんと足りているのか心配になってしまいますよね。それで、何とかしたいと思うものです。

そこで今回は、管理栄養士で幼児食アドバイザーの上野知佐さんに、野菜嫌いを克服する方法について聞いてみました。

 

■野菜嫌いでも無理やり食べさせるのはNG!

まず上野さんは、「野菜嫌いでも栄養のことはあまり考えすぎなくて大丈夫」と言います。

子どもから大人になるにつれて、味覚も変化します。苦味や渋みもおいしいと感じられるようになっていくので、将来のことまで心配しなくていいのです。

そのため、野菜を食べないから栄養が心配と無理やり食べさせるのはNG。

無理やり食べさせることで、野菜を食べることが嫌になったり、見るのも嫌になったりしてしまう可能性があります!

気を付けてくださいね。

 

■野菜嫌いを克服するためにできること4つ

それでは、野菜嫌い克服するためには一体、どうしたらいいのでしょうか? 自然に食べるようになる方法は、4つあります。

(1)何が苦手なのか原因を探る

子どもによって好きなものは違います。

さらに、苦手と感じるポイントも様々。”アク”が苦手なのか? ”ニオイ”が苦手なのか? それとも”味”が苦手なのか?

真っ先に、苦手な原因を探ってあげましょう。

(2)好きな食感や調理法を見つける

また、大人がおいしいと思う調理法で与えることも効果的です。大人がおいしくないものは、子どもが食べてもおいしくありません。

少し味付けを変えてみたり、煮たり、蒸したり、焼いたり。ありとあらゆる調理法を試してみるのがオススメです。

(3)蒸して温野菜にしてみる

とくに、温野菜はぜひ試してみてほしいです。野菜を蒸すだけだと形もそのままなので食べないと思うかもしれません。

しかし、温野菜は栄養を逃さず、野菜自体の甘みやおいしさがぎゅっと詰まった調理法なのです!

意外と、野菜本来のおいしさを知ってもらうと食べられることもあるのです。温野菜に好きなソースをつけて食べさせてみてください。

(4)食べたら毎回ほめてあげる

最後は、嫌いな野菜を食べたらほめるということを繰り返してみましょう。

結局、少しずつ慣れさせていくのが一番です。そのため、食べさせるのではなく、”好きになってもらうこと”を考えてください。

そして、好きな野菜の種類を少しずつ増やしていけるといいですね。

 

■それでも食べてくれないときの解決法2つ

しかし、上記の方法もダメで、他にも色々と手を尽くしたけど「どうしても食べてくれない」ってときもあると思います。すると、どうしてもイライラしてしまいますよね。

そんなときは、ぜひ以下の2つを試してみましょう!

(1)野菜をすりおろしてみる

すりおろすと見た目に見えませんし、他の食材と混ぜると味やニオイもわかりません。

これは、栄養のことが気になり、どうしても食べさせたい場合に有効な方法です。

ただ、その野菜を認識しているわけではないので、苦手を克服するということとは別かもしれません。

(2)おやつに野菜を使ってみる

こちらも、どうしても食べないけど、栄養だけは取らせたいという場合にいい方法です。

おやつも野菜にしてみてください。シンプルに野菜チップにすると、野菜本来の甘みやおいしさを逃がさずに食べることができます。

ですが、見た目はそのままなので食べるまでに苦戦してしまうかもしれません。

そのときは、パンケーキ、マフィン、パウンドケーキに混ぜ込むのが簡単でオススメです。

とくににんじん、かぼちゃ、ほうれん草は混ぜやすいです。他には、ブロッコリーやキャベツ、トマトなどもいいと思います。

甘いおやつに混ぜる方が食べてくれることも多いですが、砂糖や油の量には要注意です! とりすぎないようにしましょう。

 

いかがでしたか?

要するに、ただ野菜を食べさせるだけなら色々な方法がありますが、それでは野菜嫌いを克服したことにはならないのです。

大切なのは、上記にもある通り、嫌いな野菜を食べられたらほめてあげ、少しずつ好きな野菜を増やしていくこと。

何かしら苦手な原因があるはずなので、ぜひ探ることから始めてみてくださいね。

 【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ 電車でのアノ行動が!? 子どもを「恥知らず」に育てている思わぬNG行動とは

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには? 

【取材協力】

※ 上野知佐・・・管理栄養士&幼児食アドバイザー。1988年3月9日生まれ。1歳の娘の子育てをしながら、ダイエット指導やレシピ本の栄養価計算などの仕事をしている。

ブログ『管理栄養士&幼児食アドバイザー chii’s kitchen』では、妊婦さんの為の”マタママごはん”やママの為の”母乳ごはん”、べビちゃんの為の”ベビごはん 離乳食”も公開中!

関連記事

[fbcomments]