妊娠中でも無駄なお金を使わず「可愛いファッション」をする方法

Kamiri

プレママ

妊娠中でも無駄なお金を使わず「可愛いファッション」をする方法

ほとんどの女性はファッションに興味がありますよね。そのため、「妊娠中もオシャレでいたい!」と思いませんか?

今は、可愛いマタニティウェアがたくさん出ています。しかし、妊娠中は病院や出産準備でお金がかかるので、普段は着れない服に何万円もかけるのは、ちょっともったいない気がしませんか!?

そんな女性のために今回は、シンガポール在住の筆者が”シンガポールで人気の高い節約オシャレ術”をご紹介します!

 

■1:ベリーベルトで普段の服をマタニティウェアにする

みなさん、ベリーベルトってご存知ですか?

これは、装着するとお腹が大きくなってウエストがしまらなくなったパンツやスカートでも、今まで通りに着られる超スグレモノ! 布の足りない部分をサポートしてくれるので、不恰好にならないのです。

妊娠中でも無駄なお金を使わず「可愛いファッション」をする方法

お腹の大きさに合わせて調整できるので、妊娠期間中ずっと使えて、しかもリーズナブル!なんと日本円で1,980円から購入できるのです。超お手頃価格だと思いませんか?

また、オーストラリアの独立助産婦協会の公認を受けていて、オーストラリア養母協会によって推奨されている商品。

そのため、妊婦さんの体にも優しい作りになっています。有限会社イーエスクリエイトジャパンのベリーベルト公式オンラインショップによると、オーストラリアでは8人に1人のプレママが愛用しているそうです。

筆者の住むシンガポールでも、非常に人気のあるベルト。オシャレなプレママの必携アイテムです。

 

■2:マタニティウェアをインターネットでレンタルする

そしてシンガポールでは、マタニティウェアをレンタルする人が多いです。品揃えも豊富で、フォーマルウェアやドレスなどイベントに合わせたウェアもレンタルOK。たくさん借りると、買うよりもずっと安く済みます。

『Maternity exchange』というオンラインショップでは、8着分のパッケージが299シンガポールドル(日本円で2.4万円)、20着分のパッケージは599シンガポールドル(日本円で4.9万円)。

つまり、8着分だと1着3,000円で、20着分だと1着2,450円となるのです! 買ったら1着5,000円ぐらいするので、助かりますよね。普段着のレンタルは残念ながら日本にはないのですが、フォーマルウェアならレンタルできます。

妊娠中でも無駄なお金を使わず「可愛いファッション」をする方法

日本のレンタルドレスのオンラインショップだと、例えば『おしゃれコンシャス』は2,900円からレンタル可能。『my closet』は、5,000円のパーティドレスがあります。

大事な人の結婚式でしっかりオシャレしたくても、フォーマルなマタニティドレスにはなかなか手が出しにくいものなので、これは嬉しいですよね!

 

以上、シンガポール流・お金をかけない素敵なファッションの楽しみ方でした。うまく節約する方法があると、助かりますよね。

服選びは妊娠中、情緒不安定になったときの気分転換にもピッタリ。上記のアイテムやサービスを賢く利用して、気持ちよく出産を迎えてみませんか?

 

【参考】

ベリーベルト - 有限会社イーエスクリエイトジャパン

Maternity Exchange

関連記事

[fbcomments]