子どもが「ご飯を食べてくれないイライラ」が一瞬で消える裏技

島津優理子

子供

子どもが「ご飯を食べてくれないイライラ」が一瞬で消える裏技

「子どもがご飯を食べてくれない」「食事中に遊んでしまって時間がかかる」と悩んでいるママはいませんか?

頑張って作ったのに食べてくれないと、「どうして!?」と悲しくなったり、イライラしたりしてしまいますよね……。子どもを育てているママならみんな、一度はぶつかる壁です。

そこで今回は、子どもが食べてくれない理由とイライラを解消する方法について、管理栄養士で幼児食アドバイザーの上野知佐さんに聞いてみました! 最後まで読むと、必ず解決につながるはずですよ!

 

■子どもがご飯を食べてくれない理由

まず、みなさんは子どもがご飯を食べない理由、何だと思いますか?

おいしくないから? ただ食べたくないから?

いいえ、違うんです。”食べる必要がないから”食べないんです! そもそも、必要かどうかを考えたこと、ありますか?

そのため、上野さんは「お腹がすいていない」「体調がイマイチ」など、「子どもの体の声を聞いてあげるといい」と言います。

確かに、食事中は子どもにご飯を食べさせることに頭がいっぱいになりがち。食べなくてイライラしていると、子どもの体がどんな状態か、あまり確認しないですよね……。

 

■食べないときは気持ちを切り替えて!

よって、何とか食べさせようと、無理に手をかけるのはNG。

食べさせる方法を色々と試してしまうと、いずれその方法じゃないとご飯を食べなくなります。とくに、遊び系を用意すると、子どもが「食べなければ遊んでくれる」と誤解しやすいので要注意です!

それでは、一体どうしたらイライラせずに済むのでしょうか?

解消法は、とてもシンプルです。ご飯を食べないときは、食べさせるのではなく「今は食べる必要がないんだ」と気持ちを切り替えてみてください。「必要ない」と切り替えるのは、一瞬でできますよね。

これ、食事中に集中力がなくなり、遊び始めてしまうのも同じ理由。実はもう、子どものお腹はいっぱいになっているのかもしれないのです。すぐに、「もうごちそうさまだね」と食事を切り上げてしまいましょう。

もし、少し時間が経ってから「お腹すいた」と言われたら、お菓子ではなく軽い食事を与えてみてください。例えば、おにぎりやサンドイッチ、蒸かし芋などがベターです。

要するに、「完食させなくちゃ!」と一生懸命になる必要はどこにもないのです。「残りはおやつの時間に食べよう」くらいの気持ちになることが大切! 思い切って、発想を変えてみましょう。

関連記事

コメント

コメント