今すぐやめよう!いつの間にか「体重が増える」悪習慣トップ10

It Mama編集部

美容・健康

今すぐやめよう!いつの間にか「体重が増える」悪習慣トップ10

昔からの習慣って、なかなか止められないですよね。しかし、このせいでダイエットがうまくいかないとしたら、ちょっとドキッとしてしまいませんか?

アメリカの健康情報サイト『WebMD』を参考に、太りやすい悪習慣をお伝えします。これらを見直して、ダイエット不要の体を作りましょう!

 

■1:頭を空っぽにして食べる

例えば、テレビを見ながら何かを食べているときは、何も考えない”無”の状態になりますよね。

頭の中が空っぽだと、自分が何をどれだけ食べているのかわからなくなります。大きいポテトチップスの袋もすぐに空っぽになるので、気を付けましょう。

 

■2:睡眠不足

睡眠不足になると、お腹いっぱいのときでも空腹を感じるようになります。

これは、食欲を調節するコルチゾールというホルモンに影響が出るからです。また、体脂肪が増える原因にもなります。

 

■3:食後のおやつ

ご飯を食べたら、口直し目的で甘いものを食べていませんか? とくに夕食の後は危険です。温かいお茶や炭酸水など、ノンカロリーのものを選びましょう。

 

■4:空腹時の買い物

お腹が空いているときに買い物すると、一時しのぎの食べ物をたくさん買ってしまいます。

そのため、何かヘルシーなものを食べてから、食料品の買い出しに行きましょう。例えば、スーパーに行く途中で蒸し鶏のサンドイッチを食べてみてください。そして買うものリストを持っていって、その通りに買い物しましょう。

 

■5:食欲に負ける

お腹は、どこにいても空きますよね。そのため、出先でジャンクフードを食べたくなることもあるでしょう。

このような誘惑に負けないように、自家製サンドイッチやにんじんのマリネ、新鮮なフルーツ、スムージー、ドライフルーツ、ナッツなどの軽食をいつでも食べられるように準備しておくといいですよ。

 

■6:頭を空っぽにして飲む

のどが渇いたからといって、ビールやアルコール、ワイン、ソフトドリンク、などを飲むのは簡単です。

しかし、のどを潤した分、カロリーを摂取しています。カロリーの高い飲み物は、本当に必要なときをよく考えて、最低限だけ摂るようにしましょう。

 

■7:朝食を食べない

夕食をいつもよりたくさん食べたり夜食をとったりしたときは別ですが、朝の体は動くためのエネルギーを必要としています。

朝食は、新鮮なフルーツや玄米、全粒小麦、雑穀など、精製度の低い穀物”全粒穀物”を選ぶといいです。

 

■8:無制限に食べる

家でも出先でも、出されたものを残さず全て食べようとしていませんか? ついつい、「もったいない」と思ってしまうんですよね。これが、太る原因になります。

ちゃんと上限を決めて、それ以上は食べないようにしましょう。

 

■9:ヘルシーフードの食べすぎ

どんなにヘルシーな食べ物も、カロリーはゼロではありません。ラベルのカロリー表示をよく見て食べてください。ダイエットクッキーをたくさん食べても、ウエストは細くなりません。

 

■10:サンドイッチにマヨネーズを塗る

ダイエットのために自家製サンドイッチを食べていても、マヨネーズたっぷりでは意味がありません。低脂肪のものを使って、カロリーを制限しましょう。

作るとき、歯ごたえの良い野菜を何枚にも重ねると、風味も良く、栄養もたくさん摂取できますよ。

 

いかがでしたか?

中には、太るのはわかっていてもなかなかやめられない習慣もあるのではないでしょうか。冬は誘惑が多くてとくに太りやすいので、まずはこういった習慣を見直してみては?

 

【参考】

Top 10 Bad Habits That Lead to Weight Gain-WebMD

関連記事

[fbcomments]