節約を頑張っても「孤独だと難しいかもしれない」ことが明らかに

It Mama編集部

悩み

節約を頑張っても「孤独だと難しいかもしれない」ことが明らかに

あなたは貯金、しっかりできていますか?

もし、「いつも使ってしまう」といった場合は、一人で頑張るのをやめてみませんか?

なんと累計45万部のベストセラー、家計再生コンサルタント・横山光昭さんの著書『年収200万円からの貯金生活宣言』には、”最も効果的なのは他人の目を意識すること”とあるのです!

貯金は誰かに見せるのはちょっと怖い&恥ずかしいので、こういった発想はなかなかできないですよね。一体なぜ、この方法が効果的なのでしょうか? 本書を引用しながら説明していきます。

 

■驚くべきことに貯金がうまくできない人は40%近くいる

まず、お金が貯められない人はどれぐらいいるのか、ご存知ですか?

実は、『日本経済新聞』が電子版読者に「まとまった金額を目標にした貯金に取り組んでいるか?」といった質問したところ、最も多かった回答は「既に取り組んでいるが、思うようにたまっていない」の39%となっていました。

つまり、約40%の人が貯められなくて悩んでいる……。そう、貯金失敗は、あなただけの悩みではないのです!

 

■”他人の目を意識すること”は節約より効果的だった!

それでは、仮にこのような貯金ができない友達から”一番効果的なこと”を尋ねられたとしましょう。このとき、あなたならどんなアドバイスしますか?

(1)貯めようとする強い意志を持とう

(2)とにかくお金を使わないこと、つまり節約だよ!

(3)貯まり具合とか経過記録を、安心して見せられる人がいないか探しては?

(4)夢や目標、願望を持って取り組んだほうがいいよ

(5)もっと収入を上げる方法を考えてみるべきだよ!

一般的なアドバイスは、(2)ではないでしょうか。しかし横山さんは、現場で明らかに効果が上がっているのは「(3)の他人を意識する、他人に公開すること」と言うのです。

もちろん、他のアドバイスも非常に大切な考え方ですが、”一番効果的”という観点では(3)なのだとか!

 

関連記事

コメント

コメント