子どもにトイレを教えるとき「絶対に使っちゃいけない言葉」8つ

島津優理子

子供

子どもにトイレを教えるとき「絶対に使っちゃいけない言葉」8つ

トイレトレーニングで失敗するたび、子どもを叱っていませんか?

うまくいかなくてイライラする気持ち、よくわかります。しかし、怒ると逆効果になってしまうことが多いのです!

そのため、まずは”使ってはいけない言葉”を覚えておきませんか? トイレトレーニングアドバイザーの珠里友子さんから、トイレトレーニング中のNGフレーズを8つ教えていただきました。

トイレトレーニングを成功させるため、さっそく確認していきましょう!

 

■子どもが不満をためやすい”NGフレーズ8つ

まず、珠里さんは「命令したり、脅かしたり、責めてしまったりするのは避けてほしい」と言います。よって、以下のような言葉がNGとなります。

(1)ちゃんとトイレでおしっこしなさい

(2)トイレでおしっこしなかったら、おやつ抜き

(3)おもらししてたら、幼稚園にいけないよ

(4)トイレでするのが当たり前でしょ

(5)まだおむつなんて恥ずかしくないの?

(6)おもらしなんて、きたな〜い

(7)●●ちゃんは、もうパンツ履いてるのよ

(8)みんなできてるのに、どうしてできないの?

このようなこと、おもらししたときに使っていませんか? どれも、使うと子どもの中に負の感情が生まれてしまいます。少しずつでいいので、気を付けていきましょう。

 

■イライラしたときは「練習中」と呟いてみよう

それでもトイレトレーニング中は、イライラしてしまうことがたくさんありますよね。

例えば、できたと思ったらすぐにできなくなったり、外でおもらししてしまったり……。いつも一生懸命トイレトレーニングしているのにうまくいかないと、「みんなはできているのにうちの子だけ……。きっと私のせいなんだわ」などと自分を責めてしまいがち。

しかし、このとき暗い気持ちになるのはちょっと待ってください! 大人と子どもでは物事の捉え方が大きく違います。

珠里さんによると、「子どもがトイレでおしっこをするというのは、大人がパンツを履いたままおしっこすることと同じくらい難しいことなのだと思う」とのことです。子どもがちゃんと物事を理解していないことを大人が理解しないといけないですよね。

よって、イライラしそうになったときは、こう呟いてみましょう。

「おしっこは練習、練習中なんだよ。焦らなくていいんだよ。」と。何度も何度も優しく、自分に向けてしっかり声に出すと、不思議と気持ちが落ち着きますよ。

 

ママもやっぱり人間です。イライラすることもあると思います。子どもはまだ常識を身に付けていないので、なかなかこちらの思い通りにならないんですよね。

しかし、大人だって、知らなかったことを怒られるとビックリしてしまうものです。強い言葉を使う前に、一呼吸おいて、魔法のフレーズを使ってみませんか?

 【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ あ、言ってるかも…!? 子どもに恐怖感を植えつけるだけの「脅し文句フレーズ」6つ

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?  

【取材協力】

珠里友子・・・一般社団法人 日本コミュニケーション育児協会 理事/トイレトレーニングアドバイザー/ファミリーコミュニケーター。

5人の子どもの子育て経験を活かし、トイレトレーニングアドバイザーとして、また子育て講座の講師として”親子のコミュニケーション”をテーマに活動中。座右の銘は「いいかげんがいいかげん♪イライラたまらん♪ストレスたまらん♪たまらん育児のたまり♪」と覚えてください。

ブログ『ファミリーコミュニケーション』から”勇気づけ子育て”に関する情報を配信中。

関連記事

[fbcomments]