今すぐやめないと手遅れになる!実は体に悪い美容習慣5つ

It Mama編集部

美容・健康

今すぐやめないと手遅れになる!実は体に悪い美容習慣5つ

あなたが普段「美容のため」とやっていることは、本当に正しいと言えますか? 「高校生のときから何となくやっている」というような、古い知識のままではありませんか?

自信のある方はもちろん、そのままで構いません。しかし、「ちょっと自信ない……」という方は、今までずっと危険なことをやっていた可能性があります。手遅れになる前に、実は間違っている美容法をチェックしていきましょう。

海外の美容ニュースサイト『Makeup.com』を参考に、すぐにやめた方がいい美容習慣を5つお伝えします。

 

■1:顔のお手入れしかしない

お風呂上がり、バスルームで何度も何度も美容液やクリームを塗っていませんか? しかも顔だけ。

首やデコルテもお手入れしないと、顎の下を顔より早く老化させてしまうことになります。老化は、髪の生え際から顎のラインにかけての肌だけではない、ということを覚えておきましょう。

 

■2:メイクしたまま運動する

「誰が見ているかわからないから!」と、メイクしたままジムやヨガで運動していませんか?

定期的に汗をかくことはお肌にとっていいことです。しかし、お化粧は毛穴をふさいでいるので、汗が排出されるのを防ぎます。これが続くと、結果的にバクテリアを閉じ込めてニキビを引き起こしてしまいます。

メイクを落としてから、体を動かしましょう。

 

■3:陥没した毛を抜く

ムダ毛処理もマナーのひとつ。陥没した毛を見つけたときは、気になって抜いていませんか?

どんなに必死になっても、すぐには毛抜きが届きません。このとき、抜こうと肌をほじくると、傷や炎症につながり、肌がボロボロになりやすいです。

古い角質や毛穴を取り除くお手入れをして、さらにサリチル酸が入ったニキビ用クリームを塗ってください。そして毛の頭が見えてきたら、脱毛サロンなどで処理してもらいましょう。

 

■4:濡れた髪をいじる

タオルドライした後、髪をとかしたり、ドライヤーをかけたりしていませんか?

シャワーを浴びたあとの行動は、もう体に染みついてしまって、なかなかやめられないと思います。しかし、濡れた髪をタオルでゴシゴシ拭いたり、固く結んだり、強い風を当てたり、ブラッシングしてはいけません。

濡れた髪は、乾いた髪よりはるかに繊細で、切れたり痛んだりする原因になります。髪を守るために、これからはタオルではなく、古いくたびれたコットンのTシャツなどで、少しずつ優しく髪を抑えて乾かしましょう。

髪が最低でも90%くらい乾くまでは、ブラッシングしないことが大事です。どうしても絡まりを取りたい場合は、目の粗いブラシを使用しましょう。

 

■5:目をゴシゴシとこする

朝起きたとき、眠くなったとき、目をゴシゴシするのが癖になっていませんか?

目の周りのお肌は敏感なので、目をこすると炎症を起こす可能性が高くなります。また、いつもしていると、お肌のコラーゲンとエラスチンを傷つけて、アイクリームを効きにくくしてしまいます。

すぐにかゆみを解消するには、目薬をさしたりわざと涙を流したりして、目を潤し、癒してください。また、寝る前はアイクリームで目の周りのお肌をしっかりと保湿してあげましょう。

 

上記5つの中に、「これ、ダメだったの!?」とビックリした習慣はありませんでしたか?

気付かないうちに、どんどん肌を老化させてしまっていたと思うと、ゾッとしますよね。また将来、子どもに間違った知識を教えてしまっていた可能性も……。これからはしっかり、本当にいい美容だけ取り入れていきましょう!

 

【参考】

5 Bad Beauty Habits to Break Before It’s Too Late – Makeup.com

関連記事

[fbcomments]