どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

It Mama編集部

悩み

どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

あなたは普段、夫から「好きだよ」「愛してるよ」などと言われていますか?

ちゃんと言葉にしてくれないと、「本当に愛されているのかしら?」と不安になってしまいますよね。しかし、女性より口下手な男性は多いです。本当は愛されているのに、それを実感できていないと、すれ違い生活になってしまう恐れも……。

すれ違うと次第に、「何のために結婚したの?」と思うようになります。そのため、口下手、照れ屋、不器用、内気な夫には、言葉以外の愛情表現をお願いしてみては?

カップル・夫婦の関係性向上の活動を行っている、パートナーシップカウンセラーの田島宇根さんから”口下手な夫でもできる言葉以外の愛情表現”を教えていただきました。とても簡単なので、ぜひ以下のどれかひとつでも「こうしてほしいな」と伝えてみましょう!

 

■1:後ろからハグをしてもらう

どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

簡単な愛情表現から、順番に紹介していきます。ひとつめは、ハグ。後ろからギュっとして、数秒間黙ってもらってください。もし可能なら、耳元で「好きだよ」とか囁いてもらえると、さらにいいです!

「これはちょっと照れくさいけど、男性も嬉しいことなので、慣れてきたらきっといっぱいやってくれるかも。さっそく”ねぇ、うしろからギュッとして。そしてそのままじっとしていて!”とお願いしちゃいましょう!」

 

■2:ハンドマッサージのやりあいっこをする

どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

これは手軽にできて楽しめるので男性でも抵抗がなく、お互い気持ち良いので一石二鳥です! 先にあなたが夫をマッサージして、どうすればいいのかを教えてあげましょう!

「男性も自分が気持ちよいことはやってほしいし、やってあげたいと思うものです。まずは”ハンドマッサージは気持ちいい”と体験させちゃうと早いですよ」

 

■3:背中にアロマオイルを塗ってもらう

どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

背中は手が届かないということで頼みやすく、また男性も引き受けやすい内容です。

「男性はマッサージと聞くと、”面倒” ”疲れる”というイメージを持つ人も少なくありません。

そういうネガティブなイメージがあると、仲よくなるどころか逆効果になりますので、無理にお願いせず、じゃオイル塗るだけでいいからなど、ハードルを下げてあげると、長続きしやすくなります」

たまに、お返しでやってあげると、その気持ちよさにハマるかもしれませんね。

 

■4:二人で簡単なチークダンスをする!

どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

ダンスというと、ちょっと大げさに感じるかもしれません。しかしこれは、ただハグしながら体を揺らすだけでOK。よく海外の映画で、老夫婦がやっている感じです。

「ダンスと言われると、男性には多少ハードルが高いかもしれませんが、”ただハグして一緒に体を揺らすだけでいいんだよ”と言えば、抵抗も少なくなると思いますよ」

赤ちゃんを抱っこして二人の間に挟みながら踊ると、さらに一体感があって楽しいと思いますよ!

 

■5:おやすみ前にキスをしてもらう

どんな照れ屋でも簡単にできる!妻が喜ぶ夫の愛情表現5パターン

最後は、定番“おやすみのキス”です。いきなり求めると夫が照れてしまうので、あなたの方からやってあげましょう。難しそうだと感じたら、子どもを巻き込んでください。

毎日、二人で子どもにキスをしてあげていると、だんだん夫も慣れてくると思います。慣れてきた頃に「私にはキスしてくれないの?」とおねだりしてみましょう。するとキスが当たり前になっているため、断れずに、夫の方からしてくれるようになりますよ!

「”好き”というのが苦手な日本人男性。同じくキスの習慣のない日本では、キスそのものが照れくさい男性は多いでしょう。でも、”好き”と言われるのも、キスをされるのも、してもらう方は大丈夫(というか嬉しい)というわがままな男性。

そのため、まずは好きと告げるのもキスもすることも”当たり前”の状態を作ってしまえば、逃げられずやるようになるかもしれません!」

 

いかがでしたか? あなたが「これなら私でもできそうな気がする」と思った愛情表現は、何番目のものですか? 最後に田島さんから、夫の愛情表現に悩む女性にアドバイスをいただききました。

「男性は目的意識のある行動以外は苦手に感じます。例えば、”背中に好きって書いて!”と言われても、男性はなぜそんなことをしなければならないか理解に苦しみます。

しかし、背中へのアロマオイルやハンドマッサージは、それによって妻が癒されるという目的が明確です。また、後ろからハグ、チークダンス、おやすみのキスも妻が喜ぶことだというのは察しがつきます。

つまり、上記はすべて夫でなければできないお願いなんです! あなたが”もっと大切にされていると実感したい!”と思うのと同じように旦那様も”大切にされたい”と思っているのです。

だから、夫にしかできないお願いは、面倒なことでもどこか嬉しいのです。これが、男性という生き物なんです。

ただ、男性と女性で”何をされたら大切に感じるか?”のツボが違うので、お互いに勘違いがよく起こっています。自分で勝手に相手を決めつけてしまう前に、スキンシップをとりながら自分の思いも伝えましょう。

もちろん、相手の話も聞いてあげてくださいね!」

夫にしかできないお願い、というのがポイントなんですね。あと、やっぱり思いを伝えるのも大事なこと。「こうしてくれると嬉しいからやってほしいな」などと甘えて頼んでみては?

 

【取材協力】

田島宇根・・・パートナーシップカウンセラー。波動医学、各種心理療法、宇宙の働きに関する最新科学などを統合しホログラフィック・ハート・サイエンス(BSの原理)を開発したミシェル・ニューポート氏に師事。

恋愛相談でもスピリチュアルから男性心理など様々な視点でのアプローチを持っている。話の核心をつかむのが得意で、根本的な問題解決につながり、相談したあとには「心がスッキリしてポジティブに行動できるようになる!」と好評。

「誰にも話せなかったことを安心して話せて、頼れる存在」と親しまれている。ブログ『妻の幸せステージ第2章~がまんから自由へ新しいパートナーシップ』からも夫婦関係にまつわる情報を発信中。

関連記事

コメント

コメント