これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

島津優理子

美容・健康

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

多くの男性は、「結婚しても”女”を磨くのを忘れないでほしい」と思っています。「えぇ~!?」と思うかもしれませんが、それでパパがいつまでもあなたを恋愛対象として見てくれるようになるなら、ほんの少しだけでも努力してみませんか?

ここで、「私は子育てに追われているからそんな時間がとれない!」と諦めるのはちょっと待ってください! 短時間で驚くほどキレイになれるメイクがあるのです。これなら、「試してみたい!」と思いますよね?

今回は、時短メイクレッスンをされているGreengardenさんに、すぐできて女子力が上がる最強のメイクテクニックを教えていだだきました。以下から、目 → 頬 → 唇の順番にご紹介していきます。

 

■たった5分でできる!目力アップの簡単テクニック

まずは、顔の印象を大きく変える目元のメイクから。

(1)二色グラデーションのアイシャドウで目元に深みが出る!

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

ベースメイクをするとき、パウダーのハイライトをアイホールから目の下の三角ゾーンにのせて、目の周りを明るくしておきます。ここに、好きな色のアイシャドウをのせていくだけでOK。アイホールに淡い色、締め色を目のキワにのせてください。

このとき、目のキワにただ入れるだけでなく、入れながら上にスライドさせてグラデーションを作ると目元に深みが出ますよ! また、発色を良くしたい場合は、指先で色を取り、こすらずに置くようにのせていくのがポイントです。

(2)白いパールカラーのアイシャドウでうるっとした瞳になる!

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

さらに、10秒でできるオススメのテクニックがあります。アイシャドウパレットによくある”白いパールのアイシャドウ”って、何だか派手な気がして使えないイメージを持っていませんか?

しかしこのアイシャドウは、うるっとした瞳を演出するために使えるのです! ぜひ、ポイント的に目頭に置いたり、薄く下まぶたに入れたりしてみてください。

(3)アイライナーで印象的な目元が作れる!

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

アイシャドウが終わったら、黒目の上の部分にアイライナーを太めに入れましょう。こうかることで、ハッキリとした印象的な目元になります。「アイライナーがうまく引けない!」というママもいると思いますが、コツは”黒目の上から目尻、目頭から黒目の上まで”と分けることです。

また、”ペンシルタイプ”は柔らかいほど滲んでしまうというデメリットがあります。そのため、使うときは同色のパウダーを上からなぞるようにのせてください。たったこれたけで、滲みにくくなりますよ。

(4)仕上げのマスカラで目力がグンとアップする!

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

仕上げはマスカラ。つけるときは、まつ毛の下から上、最後に根元にブラシを押し当てて、左右に少し揺らしながら持ち上げることがコツです。マスカラが乾く前に、人差し指か中指を横にしてまつ毛に押し当てると、指の温度でまつ毛が上がります。

マスカラを塗った後のビューラーは、抜け毛の原因になるので気をつけましょう。

 

■不器用さんでも絶対に失敗しないチークのテクニック

次は、顔の大部分を占める頬。「チークって難しい!」と考えているママも多いと思いますが、失敗なく自然に入れられるテクニックがあるのです。

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

つけるとき、少し大きめのブラシで”黒目の下と小鼻の脇を結んだ場所”から下にいかないように、頬骨の高い位置から頬骨に向かってブラシを動かしてください。この位置だと、自然に入れることができます。

チークの比較的誰でも使いやすいカラーは、ベージュピンクやオレンジベージュだそうです。

また、肌が黄色がかった色の場合は、オレンジ系の方が馴染みやすいのですが、たまには「かわいらしいピンク系を使ってみたい!」と思うときもありますよね。そんなときは、ファンデーションの時点で、”ピンクオークル”を選び、自分の肌ベースを変えてからピンク系のチークを使うと馴染みがよくなる、とのことです。

「好きなのにどうしてもピンクが似合わないの~!」と悩んでいるママは試してみてくださいね。

 

■簡単なのに落ちにくいリップを作るテクニック

最後に、唇です。ベースメイクの時点でリップクリームを塗っておきましょう。すると、唇のメイクをする頃には浸透してきています。

リップというと、「ナチュラル、ヌーディーなカラーやグロスしか使わない……」というママも多いと思いますが、女磨きのためには“やらず嫌い”を捨ててみましょう。

筆者も日頃から感じていますが、唇に色が入っていると全く顔の印象が変わってくるんです。ただ、グロスは結構すぐに取れてしまうので、何度も塗り直さないといけません。

そんなときにいいのが、”リップペンシル”! オススメは、ナチュラルピンクの色味。違和感なくキレイな唇に仕上がるそうです。リップペンシルなんて、どちらかというと丁寧に仕上げるイメージで”時短”とは関連がなさそうな気がしますよね。

しかし、そんなに時間はかからないのです。具体的なテクニックは、以下の通り。

これでずっと恋愛対象になれる!超お手軽な「愛され顔」の作り方

(1)軽くティッシュオフします。

(2)リップペンシルで輪郭を描きます。

(3)唇全体をペンシルで塗りつぶします。

(4)この上からリップを塗ります。

こうすることで、リップが落ちにくくなり、また食事後に輪郭だけ残ってしまうことを防ぐことができます! 食事後に輪郭だけ残ってしまうのは恥ずかしいから避けたいので、嬉しいですよね。

ちなみに、ベースメイクでリップクリームを塗っておいたのは、”ペンシルで塗りつぶしたときの乾燥を防ぐため”。ペンシルの方が時短でキレイになるなんて、ちょっと意外ですよね。

 

いかがでしたか?

女磨きと聞くと何だかハードルが高そうな気がしますが、このメイクなら簡単なのでできそうですよね。もちろん、外出時に毎回できないときもあると思います。それなら、”パパと二人でデートするとき”だけでも試してみては?

いつもと違うママに、「おっ!」と思われて、今まで以上に大事にしてもらえるかもしれませんよ。特別な日だけでも上記の時短メイクを試して、夫婦仲を深めちゃってください!

 

【取材協力】

※ make&リラクゼーション『Greengarden』・・・約15年程前リラクゼーションサロンに勤務し、その後、縁があり大手外資化粧品メーカーへ転職。メイクスペシャリストとして活動するも、妊娠を期に退職。

ママになって、同じように頑張っているママを「子連れでもリラックスできるようにしたい」、またメイクを通じて活動していた中で「メイクの悩みをゆっくりとアドバイスしたい」との思いから、改めて資格を取得。

現在は、宮城県仙台市の自宅や出張でフットセラピー、フェイス・ヘッドリラクゼーションケアや、メイクレッスンを提供中。

 

【画像協力】

※ 上田城・・・ウミガメとサスペンス好きのフリーイラストレーター。シンプルな絵柄にギャグを取り込むのが得意。お問い合わせは、個人サイト『BAR SEA-TURTLE』からどうぞ!

関連記事

[fbcomments]