今すぐストップ!まつ毛パーマが台無しになるNG行動ワースト5

It Mama編集部

美容・健康

今すぐストップ!まつ毛パーマが台無しになるNG行動ワースト5

どんなときも、目元はパッチリ大きく見せたいものですよね。

そのため、普段からまつ毛パーマやまつ毛エクステをしている女性は多いはず! しかし、せっかく高いお金を払っているのに普段の行動ひとつですぐにとれてしまったら、もったいないと思いませんか?

そこで、美容知識が豊富な女ゴコロ専門家のLISAさんに、まつ毛パーマが台無しになってしまうNGな行動を教えていたただきました。以下から、危険なレベル順に5つご紹介します。「まつ毛パーマがすぐにとれる」と悩む女性は、ぜひ見直してみてください!

 

■1位:まつ毛を強くこする

「まつ毛はこすると痛む、ということはみなさんご存知かと思います。中でも、まつ毛パーマかけた後の24時間はまつ毛が柔らかくなっているので、要注意です!

また、入浴後はタオルで顔をゴシゴシしやすいので、お風呂に入ってからまつ毛パーマをかけに行く方がいいです。他にも、朝起きたばかりのとき、眠いときなどに目をこすりやすいので気を付けましょう」

手でこすらなくても、タオルで顔をこすることは多いので、気を付けた方がいいですね。

 

■2位:マスカラをつける

「マスカラが、というよりもマスカラを落とすときが危険です! クレンジングがまつ毛に負担をかけやすいのです。どうしてもマスカラが欠かせない女性は、ベースを必ず塗るようにしてください」

とくに拭くだけのメイク落としは目元をゴシゴシしやすいので、傷つけないようにしましょう。

 

■3位:ビューラーを使う

「まつ毛が傷つくと、必然的にまつ毛パーマも弱ってきてしまいます。マスカラと一緒に使ってしまいがちですが、できるだけ力をかけすぎないようにしたいですね」

マスカラ+ビューラーは、まつ毛に負担が大きいです。せめて、どちらかひとつだけにした方がまつ毛のためになりますね。

 

■4位:うつぶせで寝る

「実は、寝るときにまつ毛が傷むケースが多いのです。そのためまつ毛パーマも、まつ毛が押し潰されるような寝方をしていると落ちやすくなってしまいます!」

うつぶせだけでなく、顔を押し付けるような体勢はよくないですね。

 

■5位:美容液をつけ忘れる

「最後は、まつ毛のケア! やっぱり、寝る前にまつ毛の美容液を塗ることが最もまつ毛パーマにいいのです。とくに紫外線が強いときはケアをさぼるとバサバサになります。まつ毛の美容液は欠かさないようにしましょう」

まつ毛の美容液は色々ありますが、最近はスカルプDボーテの『ピュアフリーアイラッシュ』がクチコミで話題になっています。値段も1,680円と、手頃なところが嬉しいですよね

 

普段、どれかひとつでもやってしまっていませんか?

もちろん上記のNG行動は、まつ毛エクステも同じです。まつ毛パーマもまつ毛エクステも、今よりもっとキープできれば、今よりもっと鏡を見るときにテンションが上がります。メイクに時間をかけられない子育て中だからこそ、長期間”目元美人”を意識したいですね。

 

【関連記事】

※ 知らないと損!? 歯医者さんが「わが子にセレクトしない」歯ブラシの特徴5つ

※ 暴言が全てモラハラにはならない!? 「真のモラハラ加害者」の特徴6つ

※ 意外なアレもNG!? 「歯の着色」を招く要注意飲み物7つ

折りたたみ財布はNG!絶対に「長財布の方がお金が貯まる」理由

※ こだわるなら○○100%!妊娠中におすすめの飲み物

【参考】

ピュアフリーアイラッシュ – スカルプDボーテ

【取材協力】

※ LISA・・・美容好きなコラムニスト兼恋愛作家&女ゴコロ専門家。

アパレル企業での販売・営業、ホステス、パーティーレセプタントを経て、会話術のノウハウをいちから学ぶ。ファッションや恋愛心理に関する連載コラムをはじめ、エッセイや小説、メディア取材など幅広い分野で活動中。

ブログ『LISA★ISM -気まぐれフリーランサーとぐうたらウサギの365日-』や、Twitter(@LISA_622)などでも仕事の一部を公開している。

関連記事

コメント

コメント