人から相談を受けたとき「絶対にやっちゃいけないこと」4つ

It Mama編集部

ニュース

人から相談を受けたとき「絶対にやっちゃいけないこと」4つ

あなたは、ママ友から相談を受けたとき、「あれ?」と思うことはありませんか?

自分ではいいアドバイスをしたつもりなのに、相手が首を傾げていたり、ますます冴えない表情になったり……。そんなときは、無意識で相手を苦痛にしている可能性があります。ママ友との関係を深めるために、改めていきませんか?

恋愛・結婚・人間関係コンサルタントの木村隆志さんの著書『好感度がアップするプラスひと言会話表現605』には、話し相手を気持ちよくさせるフレーズが満載。

そこで今回は、この書籍の中から相談を受けるときのNGな態度とNGフレーズをご紹介します。これから相談を受けるとき、ぜひ意識してみてください!

 

■相手が苦痛を感じてしまうNGな態度

まず、どんな態度をしちゃいけないのか? 木村さんは、以下の4つがNGだと言います。

(1)意見を押し付ける

(2)正論で追い込む

(3)どちらつかず

(4)悩みを軽視

相談を受けているとき、ついやってしまっていませんか? とくに“意見を押し付ける”がどこまでなのか、さじ加減が難しいですよね。

 

■相談を受けているときのNGフレーズ

それでは、実際に上記の態度を言葉にした場合、どうなるのかを見ていきましょう。

(1)意見を押し付ける

「絶対に●●するべきでしょ!」「私は●●しなきゃダメだと思う」

(2)正論で追い込む

「基本的に●●するのが常識でしょ?」「●●なんだから、●●するしかないよね?」

(3)どちらつかず

「気持ちはわかるけど、どっちとも言えないな」「私の立場だと、よくわからないよ」

(4)悩みを軽視

「そんなの簡単だよ」「どっちでも大丈夫なんじゃないかな」

この中で、「言っていたかも……?」と思うものはありませんでしたか? 意外と口にしやすいものばかりですよね。

 

こうやって、改めてNGを確認していくと「どれも自分がされたら嫌なものばかり」と思いませんか? 意外と、当てはめてみないとわからないものですよね。それでは今後、一体どうすればいいのでしょうか?

木村さんによると「“話を聞いて欲しい”という気持ちをしっかり受け止められれば、“この人に相談してよかった”と思ってもらえる」とのこと。これなら誰にでも簡単にできますよね。「聞いてあげたい」と強く意識して相談を受けていきましょう!

ちなみに、『好感度がアップするプラスひと言会話表現605』には、人間関係がスムーズになるフレーズがまだまだいっぱいあります。コミュニケーションに悩む女性は一度、読んでみては?

【関連記事】

※ アレに要注意!ママ友と「ほどよい距離感を保つ」ために守るべき3つの鉄則

※ 5人に1人がトラブルを抱え中!? 「ママ友関係をこじらせる」原因TOP5はコレ!

※ 超簡単!幸せそうな「ママ友に嫉妬」しなくなる脳のつくり方

※ 子どもが「やりたい」と言った習い事を「辞めたい」と言ってきたら?親のNGワード3つ

※ あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

【参考】

木村隆志(2010)『好感度がアップするプラスひと言会話表現605』 こう書房

関連記事

[fbcomments]