日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

梨沙クラーク

ニュース

日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

アメリカではハンバーガーが日本のお米レベルで食べられているイメージ、ありますよね。

逆に、日本でハンバーガーを食べるときにも、何となく「アメリカンだな」と思ってしまうことはありませんか? このイメージはきっと、筆者だけではないはず!

そんなハンバーガー、本場・アメリカではやはり愛されているだけあって種類が豊富。しかも、日本人の想像をはるかに超える、衝撃的なハンバーガーがいくつもあるのです!

そこで、ロサンゼルス在住の筆者が初めて知ったとき、「えぇ~!」とビックリしてしまったハンバーガーを5つご紹介します。

以下のハンバーガーは、子どもに話すと海外や英語に興味を持つきっかけになります。ぜひ、「こんな面白い食べ物があるんだよ」と教えてあげて、知的好奇心を刺激してみてください!

 

■1:超カロリーが高いハンバーガーにビックリ!

日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

まず驚いたのは、カロリーの高さ。

アメリカのファミリーレストラン『チリーズ・グリル・アンド・バー』で人気が高い『ハラペーニョ・スモークハウス・ベーコン・バーガー』は、1,910キロカロリーもあるのです!

ハンバーガーひとつで、一日の摂取カロリーになってしまいます。何だか体に悪そうな気もしますが、みなさんは「一度は試してみたい!」と思われますか?

 

■2:命がけの危険なハンバーガーにビックリ!

日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

不健康そうなハンバーガーはまだあります。ラスベガスにある『ハートアタックグリル』の『トリプル・バイパス・バーガー』は、なんと6,000キロカロリー!

店名の通り、食べて実際に心臓発作を起こした人もいるのです。この事件は、日本でもたいへん話題になりました。

ちなみにトリプルの上には、クアトロ(4倍)もあります。クアトロを食べていたら、もっと命が危険だったかもしれませんね……。

 

■3:ラーメンの麺がバンズになっているハンバーガーにビックリ!

日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

次は、ユニークさに驚いたハンバーガー。

アメリカにも、ラーメンハンバーガーがあります。日本では過去に『ロッテリア』が販売して話題になりましたが、これとは見た目が全然違います。

意外なことに、固めたラーメンの“麺”がバンズになっているのです! パティはちゃんと肉なのですが、とにかくインパクトがあります。

筆者も屋台イベントでこれを食べてみました。外側は、麺なのでカリカリ。しかし内側は普通のハンバーガー……。絶妙にマッチしていて、非常においしかったです。

ちなみに、この面白いバーガーはカリフォルニア出身の日系人ケイゾウ・ヤマモト氏が生み出したもの。作り方がYouTubeで公開されているので、一度作って食べてみては?

 

■4:イグアナなどの肉入りハンバーガーにビックリ!

日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

バンズの次は、パティに驚いてしまったハンバーガーの話をします。

アメリカでは少し前に、エキゾチックな肉がパティになっているハンバーガーが話題になりました。このエキゾチックって、一体どんな肉を指していると思いますか? 正体を知ると「うわっ」と思うかもしれませんが、準備はいいでしょうか?

それは、イグアナやラクダ、ダチョウ、ニシキヘビ、シカ、ワニ、ネズミ、シマウマ、カンガルーなど。

トッピングで、バッタやサソリもあるそうです! 果たして、おいしいのでしょうか? こういった動物の肉と知ると、中には「うわっ」ではなく「うぇっ」となってしまう人もいるかもしれませんね……。

 

■5:フライドポテト入りのハンバーガーにビックリ!

日本人は思わず鳥肌!アメリカの「びっくりハンバーガー」トップ5

最後の衝撃ハンバーガーは、『バーガーキング』の新ハンバーガー『フライドポテトバーガー』。

名前の通り、フライドポテトが挟まれたハンバーガーです。驚いたのは、これの値段! たったの1ドル。つまり、約98円で売られているのです!

「最初からフライドポテトが挟んであれば、食べる時間が短縮できる」「安いのにフライドポテトまで食べられるところがいい!」などと言われていますが、もちろん不満をこぼす人もいるそうです……。

もちろん、筆者は『バーガーキング』の回し者ではありませんので、あしからず。

 

いかがでしたか?

カロリーが高すぎて食べることが命がけになりそうなハンバーガーや、変わったバンズやパティのハンバーガーもあるなんて、驚きませんか? とくにラーメンハンバーガーのバンズはユニークですよね。

もちろん食べすぎは肥満につながります。そのため、最近では健康的な食事を求めるアメリカ人も増えてきて、全粒穀物のバンズに七面鳥のパティを挟むハンバーガーも流行っています。

そして世界には、もっともっとユニークなハンバーガーがあります。この機会に、子どもと一緒に調べてみては?

 【関連記事】

※ 飲むと太るは嘘だった!ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方

※ 口にするだけでジワジワ痩せる!ダイエット効果が高い「最強フレーズ」

※ このダイエットなら挫折しない!体重が減る「朝食のとり方」7つ

※ 子供だけじゃない!ママにもある「夫イヤイヤ期」とは?

※ 男の3大欲求、夫が「妻に一番求めている」のは意外にもアレだった!

【参考】

※ 11 Worst Burgers in America – Men’s Health

※ Heart Attack Grill

※ Ramen Burger: More than 1,000 people line up for a first taste  – latimes.com

※ Restaurant Sells Camel, Iguana, and Ostrich Burgers During “Exotic Meat Month” – Delish.com

※ Burger King to Serve Up French Fry Burger – TIME.com

関連記事

[fbcomments]