日本は生活費がかかりすぎ!? 驚くほど安く住める国トップ10

It Mama編集部

ニュース

日本は生活費がかかりすぎ!? 驚くほど安く住める国トップ10

東京で暮らしていると、「何でこんなに生活費がかかるの!?」と思ってしまいませんか?

それもそのはず、組織・人事コンサルタント会社のマーサーが発表した「2012年 世界生計費調査」で、東京は1位。ちなみに、人材コンサルタント会社のECAインターナショナルの「2012年 家賃が高い都市ランキング」でも東京は1位になっています。

「子育てが終わったら、安い国に引っ越したい!」と考えているママもいるのでは? そこで、世界のトップ10を集めたサイト『The Top Tens』の「安く住める国トップ10」をご紹介します。どの国に住みたいか、ぜひ考えてみてください!

 

■10位:クロアチア

クロアチアは、風景が非常に美しい国のひとつです。娯楽、交通、そして食料の値段が他のヨーロッパの国々と比べるとかなり低いです。

また、英語が話せる人が多く、中にはペラペラな人もいます。そのため、英語さえできれば、定年後に暮らすには最高の国です。

 

■9位:インドネシア

観光地として有名なバリ島は、アメリカよりずっと安く住めるのだそうです。5万ドル以下で、上品な2~3部屋のアパートが借りられる、とのこと。

ちなみに、マッサージは5ドルという安さで、散髪はたったの1ドル。お金があまりかからず、リゾート気分で暮らせそうですよね。

 

■8位:ペルー

ペルーは、ハッと息を飲むほど素晴らしい風景と熱帯雨林が有名な国。鉱業と海運業が安定しています。安い値段で国内旅行もできるので、アマゾンやマチュピチュといった、世界の有名スポットも行き放題。日用品や食料を含め安く生活できる国のひとつです。

 

■7位:モロッコ

モロッコは、アメリカやヨーロッパと比べて食べ物や飲み物の値段が非常に安いです。また、経済が安定していて、安くて新鮮で品質がいい地場産業製品もたくさんあります。発展しつつあるにも関わらず、生活費があまりかかりません。

 

■6位:ギリシャ

素晴らしい休暇が過ごせる観光スポットのひとつ、ギリシャ。安く暮らせる国と聞いても、あまり頭にピンとこないかもしれません。

ヨーロッパの近隣諸国に比べると、ずっと安く暮らせます。ほとんどの製品が地元で生産されるため電力コストが低く、食費も手頃です。

 

■5位:メキシコ

テキーラのイメージが強い国、メキシコ。物やサービスが安いです。

例えば、野菜や果物は1キロあたり50セントくらいで手に入ります。また、医療費も安く、アメリカの半分くらいの値段でいいサービスが受けられます。

 

■4位:スリランカ

スリランカには、世界遺産が8つもあります。そのため年々、観光ブームが高まっています。

とくに、コロンボは美しい寺院や仏像もあり、居住に最適な場所のひとつです。また、自給自足率は高いですが、インフレ率は低く保たれています。

 

■3位:ポルトガル

ポルトガルは、ヨーロッパの中でもかなり低コストで暮らせる国です。果物、ナッツ類、シーフードがおいしく、医療やレクリエーションの充実度もトップクラス。

海の魚介類をよく食べるので、日本人と食が似ています。

 

■2位:ブラジル

豪華なビーチや熱帯雨林が有名な、ブラジル。この国に住めば、色彩豊かな風景に囲まれて過ごせます。経済大国なので国が発展を続いていますが、低コストで暮らすことが可能です。

 

■1位:パキスタン

最も生活費が安い国は、パキスタン。家賃は、月100ドルを超えません。2010年には、パキスタン最大都市のカラチが最も生活費の安い都市に選ばれています。

とにかく安く住みたいなら、絶対にパキスタンです。ちなみに、パキスタンスナネコやインダスブルードルフィンなどの珍しい野生動物も住んでいます。

 

いかがでしたか? どれも観光のイメージが強い国ばかりですよね。

1位のパキスタンは、イスラム教の信者が多い国です。ラマダン(絶食月)はレストランが閉まっていたり、喫煙できなかったり、色々と制限があります。移住を考えるときは、その国の文化をよくチェックしておきましょう。

 

 【関連記事】

※ 夏休みは家族で「ワンランク上の旅行」へ!今日からできる計画的なプチ節約術とは

※ ほとんどの人に自覚ナシ!「過保護ママ」が言いがちなNGフレーズ

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

夫婦生活に潤いをもたらす「マシュマロボディ」を手に入れるには?[PR]

今まで使ってた化粧水が合わなくなった!産前産後の肌荒れは●●肌のせい!?[PR]

【参考】

Top 10 Cheapest Countries to Live in – Tip Top Tens

Cost of Living survey 2012 – Mercer

Press releases – ECA International

関連記事

[fbcomments]