幸せはすぐそこにある!ハッピー度を上げるシンプルなヒント9つ

It Mama編集部

美容・健康

幸せはすぐそこにある!ハッピー度を上げるシンプルなヒント9つ

あなたは今、ハッピーですか? 夏が終わって秋になると、一気にポッカリしがち。涼しくなっても変わらず子育ても仕事も楽しみたいなら、ハッピー度をアップしましょう!

以下に、心理学専門サイトの『psychcentral.com』を参考に、ハッピー度アップのヒントを9つご紹介します。とくに、少し忙しくなるだけで気持ちが沈みがちになる女性は、必見の内容ですよ!

 

■1:自分をそのまま受け入れ、そして自分にもっと期待してみる

「そのままの自分でいい」って聞くと、ホッとしますよね。いっぱいいっぱいで忙しいときは、このフレーズを心に置いて乗り切りましょう。でも、それだけで終わりじゃありません。

いっぱいいっぱいが落ち着いたら、もっと自分に期待してみましょう。失敗しても、別のアプローチを試してみるとか、もっとキレイになる習慣に手を出してみるとかもいいですね。自分にもっと期待してみることで、あなたのハッピー度もグーンとアップしますよ。

 

■2:気まぐれに何かを読む

仕事にプライベートな用事。楽しみも予定で決まっていると、時間を効率的に使うことが必要になりますよね。上手に時間を使うのは、大人の作法とも言うべきもの。でも、これだけではちょっと余裕が足りなくなっていませんか?

できれば週に1日、難しいなら週に半日ぐらい、予定なしに遊び、散歩し、気まぐれに何かを読む時間を取ってみましょう。予定のない遊び、気の向くままの休みがもたらす、くつろぎ効果は想像以上ですよ。

 

■3:遊び心を忘れない

茶道の世界では、“重いものは軽々と運び、軽いものはどっしりと重みがあるように運ぶように教えられる”とのこと。確かにその方が、見ていて素敵ですよね。仕事やプライベートでも、この素敵さを取り入れてみませんか?

本気の仕事だからこそ、しっかり準備はしておくけれど、髪をふり乱した悲壮感を漂わせないように、ファッションにも気を配ってみるとか。気晴らしのショッピングだけど、手抜きはしないで、キレイなカジュアルは崩さないとか。

この遊び心と本気は、大人の女性に凛とした美しさと余裕を与えてくれます。

 

■4:空っぽの部分を作る

住宅環境がどうあれ、収納が多すぎて困る人は少ないでしょう。上手に収納して、きっちり物を入れるのがいいとされているのが普通かもしれません。空っぽの部分なんて、何の役に立つのかと思いませんか?

これが、実は役立ちます。空っぽの部分は、余裕やこれから入るよりいい物の象徴です。収納に空っぽ部分を作っておくと、新しい何かが入ってくる準備が整い始めるのです。

よく片付け本や掃除本でいわれていることですが、最近ではビジネス本でもこれをいう著者が増えています。仕事にも関わるのなら、ぜひ試してみましょう!

 

■5:自分のことをよく考え、そして自分のことを忘れてみる

「あの人、自分のことばっかり!」と言われる人、いますよね。こう言われたくないから、なるべく自分のしたいことを言わないように努力している人も多いでしょう。

でも、「自分のことばっかりね」と思われている人は、実は自分のことを知らなさすぎるから、そうなっちゃうのです。自分のしたいこと、ほしいものがハッキリわかっていると、それ以外の物事には欲求が起きなくなります。

本当に大切な機会以外では、目立つ必要もなくなります。あれもこれも手に入れようとするのは、結局自分のことがわからないから。手当たり次第に手に入れて、その中に自分を満足させてくれるものがないか、ひっかきまわしている状態です。

自分のしたいこと、ほしいものがハッキリわかると、そんな無駄はしなくて済みます。本当にしたいことのための行動を重ねている人は、すっかり没頭しているので、自分のことを忘れてしまっているほどです。

つまり、ハッピー度アップには、自分のことをよく考えることと、自分のことを忘れてしまうぐらい没頭することの両方が必要になるということです。

 

■6:普段やるべきこととは関係ないことで体を動かす

体は疲れていないのに、ちょっとした仕事や家事が面倒になってできない。日常の仕事や生活の中で、これほど困るものごともありません。なるべく忘れていたいこと、なるべくなかったことにしたいこと、多いですよね。

それに集中して注目することで、かえってそのことを忘れていられるなんて、逆効果じゃないかと思っちゃいますよね。確かに、頭で考えているだけでは、正に逆効果! でも、行動を加えてあげると、役に立ちます。

何も関係のない行動でOKなので、15~20分だけ体を動かしてみましょう。別の作業、好きな作業、外回りや買い物でもOKです。体を動かしていると、脳のやる気を扱う部分が活性化してきます。

行動に促されて、遅れてやる気が出るのが脳のしくみだからです。そうなればこっちのもの。“なるべく忘れていたいこと”と“なるべくなかったことにしたいこと”は、別に普通なことに変わってしまいます。

忘れようと努力するより、行動を加えて注目することで、状況そのものが変わってしまいます。これも、ぜひ活用してみてください!

 

■7:楽しむためには、逆に規律”が必要だと考えてみる

なんの規制もない、無礼講のようなものこそ楽しいはず。「楽しむために、規律なんか必要なの?」と思う人も多いことでしょう。

でも、無礼講って実は、規律だらけですよね。本当に言いたいことを言っては、翌朝会社でまずい状態になるのは目に見えています。また、おいしいチーズとワインも食べすぎたり、飲みすぎたりすると、気持ち悪くなっちゃいますよね。

気持ちよくおいしく食べるためには適量を守る必要がありますし、無礼講を楽しむには相手の気持ちを大切にする必要があります。本当に楽しむには守るべき規律があるし、規律を守った方が楽しい。これも、ハッピー度アップのためのヒントと言えるものですね。

 

■8:前進するためには、逆に“止まること”も必要だと考えてみる

「前進するには、とにかく努力すべき。毎日のノルマを、ひたすらこなすべき」と思っちゃいますよね。でも、前進を続けるには、どこかで一端止まることが必要になってきます。

脳のシナプスがつながるのは、とことんまで学習した後にとる休息の間だそうです。なので、英語の学習には週に1回の休みがあった方が効率的なのだとか。前進のために、止まることも必要だと知っておいてください。

 

■9:短い人生の中で何が必要かをジャッジする

毎日することがたくさんで、長い1日になることが多いと思います。「もうあきあきだ!」と思うことも、きっと含まれているでしょう。

ちょっと極端ですが、人生には必ず終わりがやってきます。人生の終わりが目の前にあるとしたら、今のこの“あきあきすること”は、さっさとやめるべきものですか? それとも、もっと楽しんでおくべきことですか?

やめるべきものならば今後のことも含めてちょっと考えなくてはいけませんが、楽しむべきものならば簡単です。限りあることを、思う充分に楽しみましょう。限りがあることが分かると楽しめるということも、ハッピー度アップのためにぜひ覚えておきましょう。

 

いかがでしたか? どれも「そっか」と思えるものばかりだと思いませんか? ぜひ上手に使いこなして、あなたの毎日をハッピー度の高いものにしてください!

 【関連記事】

※ 心の中ではモヤモヤしてない?「ストレスを溜めない」ママ友とのつき合い方

※ これで新学期も安心!? 知っておきたい「ママ友」とのお付き合いマナー3つ

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選  

【参考】

※ 9 Contradictions That Could Increase Your Happiness – psychcentral.com

関連記事

コメント

コメント