年をとっても周りから「変わらないね」と言われる最強テクニック

It Mama編集部

美容・健康

年をとっても周りから「変わらないね」と言われる最強テクニック

年をとるごとに、体の衰えを痛感しませんか?

そんなとき、絶対に逃れられないものでも、「年はとりたくない」と思ってしまいますよね。しかし、残念ながら老化の根本的な原因は、未だに科学で解明されていません。

若く見られるために、外見をキープする努力は大事なことのひとつ。けれども、外見は内面がにじみでるものです。内面の若さもキープすると、周りから「変わらないね」と言われるようになります。

そのためにはどうしたらいいのか? 参考になるのはハウツー本です! そこで、夢・実現プロデューサーの山崎拓巳さんの著書『がらっと 自分の「性格を」思いのままに変える方法』から、若々しい内面を保つテクニックを3つお伝えします!

 

■1:自分より年下でも年上でも話すときは年齢を比較しない

本書には、「いつまでもステキで、美しく、魅力期でありたい。その決め手となるのは美容だけじゃありません。どんな年代の人とでも、自然にお付き合いできるかどうかです」とあります。

確かに、年齢で区切る人より、好奇心を止めず、素直に何でも吸収できる人は魅力的ですよね。

「大切なのは、年齢を比較することなく、同じ目線で話しをすること」

若い人とも年配の人とも対等に話ができれば、どんどん新しい考え方ができます。すると、ずっと気持ちが若い人でいられるのです! 誰かと話すとき、ぜひ意識してみましょう。

 

■2:「どうして?」と思ったときは「どうしたら?」という素敵な質問に変える

でも、なかなかすぐに考え方は変えられません。そんな人はまず、「どうして?」と思ったとき、それを「どうしたら?」と質問に変えるといいそうです。

自分を問い詰めないで、「なぜうまくいかないの!?」を「どうしたらうまくいくんだろう?」に変えてみる。「ステキな考え方をする人は、ステキな質問によって、ステキな毎日を手に入れている」と山崎さんは言います。

手始めに、「どうしたら?」を口癖にしてみてください!

 

■3:自信をなくしそうなときは胸をグッと3センチ上にあげる

最後は、姿勢です。「表情やからだのポーズを変えるだけで、気持ちも一緒に変わる」とのこと。なんでも“カリスマの3センチ”って言葉があり、世のカリスマ達は普通の人より胸を張って、開いているそうです。

「一度、胸をグッと3センチ上にあげてみてください。すると意識が変わって……呼吸も変わって……物事のとらえ方も変わっていきます」

体の動かし方を変えると、本当にその動かし方にふさわしい感情が宿る、とのこと。そして続けると、内側だけでなく雰囲気も変わり、周りからの評価も変わる……。簡単なので、すぐにでも始めてみましょう!

 

年齢を比較せず、「どうしたら?」を意識して、胸を3センチ上げる……。どれもお金は1円もかからず、場所も選ばずにできることですよね!

いつまでも若いママでいれば、子どもも喜んでくれます。内面の若さも意識してみませんか?

 

【参考】

※ 山崎拓巳(2012)『がらっと 自分の「性格を」思いのままに変える方法』 サンクチュアリ出版

関連記事

コメント

コメント