なんと日本は4位!世界の人が選ぶ「住みやすい国」ベスト10発表

It Mama編集部

ニュース

なんと日本は4位!世界の人が選ぶ「住みやすい国」ベスト10発表

「老後は海外に住みたい!」と思うことはありませんか? 『オウチーノ総研』の調査で、半数以上の日本人が可能か不可能かは別にして、移住できるとしたら「老後を海外で過ごしたい」と考えていることがわかっています。

海外に出たがる日本人がこんなにいるなんて、ちょっと意外ですよね。ちなみに、20代男女の“老後に住みたい国”は日本以外だと、アメリカ、オーストラリア、スウェーデン、イタリア・スイス・ニュージーランドとなっています。

老後でなくても、子どもが大きくなったら夫婦で海外でのんびり、というのも良さそうですよね。これは、日本人ならではの調査結果。世界の人はどんな国を「住みやすい」「住んでみたい」と思っているのでしょうか?

ちょうど世界のトップ10を集めたサイト『The Top Tens』に“住みやすい国トップ10”が掲載されていたので、こちらをご紹介したいと思います。さて、このランキングで日本はランクインしているのでしょうか?

それぞれの国についてのコメントも面白いので、ぜひ一緒にお楽しみください!

 

■10位:フィンランド(得票率3%)

「非常に平等な社会で、人間らしく生きられます」

フィンランドの細やかな教育は、日本でも有名ですね。また、子育てしやすい国としても知られています。それにしても“人間らしく生きられる”という投票者は、一体どこの国出身なのでしょうか……。

 

■9位:ギリシア(得票率3%)

「経済状態は悪いですが、素晴らしい人々と美しい自然のある国です」

ユーモアあふれる雰囲気で、ここにいると、絶望と退屈を感じるのは不可能ではないかと思うほどですよね……。

 

■8位:スペイン(得票率3%)

「美味しい食事、地中海が美しい!」

絶望と退屈がないと、経済発展は難しいような気がしますね。また、自然の美と美食のある国にいると、人間は働かなくなる可能性も……。

絶望と退屈込みで、経済発展する国が住みやすいのか、その逆が住みやすいのか、ギリシアかスペインへ行って確かめてみるのもアリかもしれません。

 

■7位:インド(得票率4%)

「本当の自由がほしいならば、インドに来るべきです」

本当の自由には、孤独と自立がつきもの。徹底的に自分に向き合う人にとってインドは、嬉しい環境かもしれません。

 

■6位:イギリス(得票率4%)

「ゲストにとても親切で、何かあると必ず誰かが助けてくれます」

それに、医療費無料というのも魅力的です。いきなり現実的なコメントですね。それにしても、ゲストに親切なのと住人同士が親切なのは両立するのでしょうか? ぜひ確かめてみたいですね。

 

■5位:スウェーデン(得票率5%)

「スウェーデンに6年住んでいますが、本当にいい国です。以前はノルウェーにいましたが、スウェーデンはピカイチ」

「スウェーデンの人は、とても親切で環境を大事にする人たちです」

住みやすさと環境を大切にすることは、関連がありますよね。日本人にはノルウェーとスウェーデンのどちらも“北欧”のイメージで違いがイマイチわかりかねるのですが、 きっとどちらも素敵なのでしょう。

 

■4位:日本(得票率5%)

「20年前に日本に滞在しましたが、素晴らしさが忘れられません。ぜひとも一度は訪問すべきですし、子どもに家族の大切さとしつけを教えるためにもよい場所だと思います」

ついに日本が登場しました! 家族の大切さ、しつけ……。外国人にこういうところを見られていたのですね。さぁ、今はどう思われるのでしょう?

 

■3位:オーストラリア(得票率6%)

「気候・安全・ビーチ・ビジネスと良いことが多いです」

何より、お金がなくても十分なセーフティ・ネットがあり、冷たすぎず、チャンスもあるのがすばらしい。ビーチとビジネスが同列なところが気になりますが、楽しく長く住むのによさそうということは伝わりますね。

 

■2位:アメリカ(得票率8%)

「やっぱりアメリカが一番いい!」

アメリカン・ドリームは本当にあります。これを書いたのは、たぶんアメリカ人でしょう。「やっぱり、おうちが一番」という映画の名台詞がかぶりますね。

 

■1位:カナダ(得票率16%)

「美しい国です。そしてとても安全で、経済も安定していて住みやすい!」

戦争がなく、あらゆる差別がとても少なく、自由な国です。ぶっちぎりの1位を獲得したのはカナダでした! 確かに住みやすそうで、安全なイメージがありますね。

 

いかがでしたか? 2位のアメリカは、日本人と同じでしたね。

どうやら世界の人が考える住みやすい国の条件は、“安全・安定・平和・自由・親切・環境”がキーワードのようです。外国へ行ってみることと、日本の住みやすさを高めることの両方に参考になりそうですね。

 

【参考】

※ 半数以上が「老後は海外で!」 – オウチーノ総研

Top 10 Best Countries to Live In – TheTopTens.com

関連記事

コメント

コメント