激ウマなのにカロリーが低い!最強「ダイエットフード」トップ10

It Mama編集部

美容・健康

激ウマなのにカロリーが少ない「地味にスゴイ食べ物」トップ10

痩せたいときは、低カロリーなものを食べ始めますよね。

例えば、豆腐や野菜などで、お腹をふくらまそうとしませんか? しかしこのとき、お腹は満たされても、舌が満足しにくいですよね。低カロリーなものだけだと「何か物足りない……」と思い、おいしいものを食べたくなってしまうはず!

そんな舌の肥えた美食家さんでも、「これなら摂取カロリーを抑えられる!」と思う食べ物がちゃんとあるのです。そこで、ランキングサイト『Toptenz.net』から、美味なのに実は低カロリーなものを10個ご紹介します。

オススメ順になっているので、あなたが口にしやすいものを選んでみてください!

 

■10位:唐辛子

まずは、定番の唐辛子。カプサイシンなどが含まれているので、ダイエット効果は有名ですよね。けれども、料理に少し加えるだけ、という感じで唐辛子を普段あまり摂っていないはず。

実は、低カロリーな上に、ビタミンCがとても豊富。そのため、辛くておいしい韓国料理やタイ料理などをたくさん食べるとビタミンCもたくさん摂れるので、ついでに肌もキレイになるのです。

たくさん摂るために、ラー油やコチュジャンを作って、何でもかけるようにしてみては?

 

■9位:馬肉

次は馬肉。これもおいしいですよね。しかし、カロリーが低いというのは意外なはず。そもそもお肉はカロリー高いイメージ。けれども、馬肉は低脂肪・高タンパクなので、ダイエットにピッタリなお肉なのです。

クセも少なく食べやすいので、ぜひ馬刺しやスモークなどのヘルシーな調理法で食べてください。

 

■8位:スイカ

夏のフルーツと言えばスイカ。甘くてみずみずしくて、おいしいですよね。水分補給としてもいいですし、塩をかけて食べれば天然の熱中症予防食にもなります。

さらにスイカは、鉄分がとても豊富。そのため、ダイエッターだけでなく、貧血などで悩んでいる人にもいいのです。冷蔵庫で場所をとるのが悩ましいですが、低カロリーなので積極的に食べましょう。

 

■7位:アーモンド

7位にはアーモンドがランクイン。これだけは「カロリー高いじゃん!」と思ってしまいますよね。

でも、不飽和脂肪酸やビタミン、繊維質に富んでいるので、最高のダイエットフードなのです。これを食べるダイエットはリバウンドが少ない、との研究結果もあります。1日20粒くらいを目安に食べてみてください。

砕いてサラダにかけたり、ほうれん草などに和えたりしてもいいですよ!

 

■6位:バジル

夏のハーブで、ジェノベーゼなどに使われるバジル。さわやかな香りで、サラダに使ってもさわやかでおいしいですよね。バジルには、ビタミンAやビタミンK、マグネシウムなどを含んでいて、低カロリーな上に心臓にも優しいのです。

カプレーゼなどでちょっと摂るだけではもったいないので、ジェノベーゼソースやバジルドレッシングを作ってたくさん摂れるようにしてみましょう。

 

■5位:はちみつ

なんと5位に、甘くておいしいはちみつが! はちみつはビタミンが豊富で、のどの痛みややけどの殺菌などにも使える上、腐らないので「早く食べなきゃ!」と焦らず食べられます。

カロリー低くて健康にもいいので、レモネードにしたり、ヨーグルトに入れたり、レモンなどのフルーツをはちみつ漬けにしたりすると、手軽にたくさん摂れますよ。

 

■4位:酵母

ちょっと食べ物っぽくないですが、“酵母”も低カロリーです。パンや味噌、ビールといった発酵食品に多く含まれています。酵母はサプリメントのイメージが強いですよね。

実はレバーよりビタミンBが多くて、タンパク質も豊富。味噌汁を欠かさず飲むのもいいですが、糠漬け、キムチ、ピクルス、ヨーグルト、チーズ、納豆などもおいしいです。これらを意識的に摂るようにしてみては?

 

■3位:醤油

発酵食品のひとつ、醤油。低カロリーですが、塩分が少し気になるかもしれません。

しかし、ビタミンやミネラルが豊富で、抗酸化作用が高いのです。和食はほとんど、醤油を使った食べ物ですよね。かけるだけでなく、にんにくの醤油漬けを作って、それを肉や魚に漬けるのもいいですよ!

 

■2位:キャビア

高級食材が2位に入ってきました。キャビアは高価なのでたくさん食べられるものではないのですが、とてもおいしいですよね。実は低カロリーでビタミンB12の豊富な食べ物。

肉や魚、パスタのソースにもいいですし、クラッカーに乗せる、サラダのドレッシングにする、などの食べ方もできますよ!

 

■1位:チリパウダー

チリパウダーと聞くと、唐辛子がまず思い浮かびますよね。「10位とどう違うの?」と思ってしまうはず。しかし、チリパウダーは唐辛子だけではなく、さまざまなハーブや塩、オレガノ、クミンなどが含まれたスパイスです。

同じ粉末のチリペッパーなどに比べると、辛さも控えめ。そのため、胃への負担も大きくないところが嬉しいですね。なんで1位かというと、唐辛子は粉末にするとビタミンEが豊富になるから。しかもハーブなどが含まれるため、低カロリー。

そんなチリパウダーは、ひき肉料理によく合います。また、チリビーンズ、メキシコ風アボカドサラダにして摂るのもオススメですよ!

 

いかがでしたか?

上記10個なら、味も楽しみながら摂取カロリーが減らせそうですよね。しっかり覚えておいて食生活の中にうまく組み込むと、低カロリーなものを食べるのも楽しくなって、ダイエットが成功しますよ!

 

【参考】

※ Top 10 Foods That Are Surprisingly Good For You – Toptenz.net

関連記事

[fbcomments]