どんなに疲れていても男性が「家事を手伝いたくなる」女性の言動6つ

It Mama編集部

家族

どんなに疲れているときでも男性が「家事を手伝いたくなる」女性の言動6つ

育児で疲れていると、「パパが家事を肩代わりしてくれないかな~」と思いますよね。しかし、パパも仕事で疲れています。なかなかそこまでしてくれないですよね。

それでは、ママがどんなことをすれば、パパが率先的に家事をやってくれるのでしょうか?

男女関係の悩み解消に詳しい、心理カウンセラーで『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』の著者・内埜さくらさんに聞いてみました。

ママに必要な心構えと“使うべき魔法の言葉”を、合計6つご紹介します。

 

■パパに手伝ってもらいたいときの心構え3つ

(1)“自分の理想のパパ像”を相手に押し付けない

パパが家事を手伝ってくれないことにイライラする。その原因はそもそも「こうしてくれたらいいのに」という自分の願望を相手に押し付けているケースが少なくありません。

夫婦といっても元は他人同士です。「考え方には相違があって当然」という、お付き合いを始めた当初の気持ちを忘れないようにしてみてください。

もし、あなたが旦那さんから「理想のママ像通りになってほしい」と言われたら、違和感を覚えますよね。それは相手も同じということです。

(2)何かを手伝ってもらったらオーバーリアクションで喜ぶ

もし、以下に紹介するフレーズを使ってパパが家事を手伝ってくれたら、ややオーバーリアクション気味に喜んであげましょう。「ありがとう、本当にありがとう」と、同じ言葉を何度繰り返してもかまいません。

男性は女性と違い、社会に出るとほめられる機会に恵まれていません。女性同士であれば「その●●素敵!」と身に付けている物をほめ合うことすら、男性は経験できないのです。

ですから、オーバーに喜ぶリアクションは効果絶大。男性は自分が必要とされている快感を得られるため、やる気に火がつき、継続的に家事を手伝ってくれるようになります。

(3)手伝ってもらったことは自分でやり直さない

「食器を洗ってくれたけど、汚れがちゃんと落ちていない!」「洗濯を干してくれたけどシワシワ!」

パパが家事を手伝ってくれたものの、その結果に満足できず、自分でやり直してしまうママは少なくありません。ですが、この行為は絶対に避けましょう。

パパのやる気を削ぐのはもちろんのこと、「俺は下手だからお前がやるべき」という、家事を手伝わない言い訳を作ってしまうことにつながるからです。

 

■パパが積極的に手伝いたくなる魔法の言葉3つ

(4)「ねぇ、ちょっと助けて」とお願いする

それでは、どう言えば家事を手伝ってくれるのでしょうか? まず、男性は、いつでも自分を立ててほしい生き物です。その

ため、「これ、やっといて」という一段上から目線より、「助けて」という一段下から目線でお願いした方が、「仕方ないなぁ」と快く引き受けやすくなるものなのです。ポイントは、甘えるように言うことです。

(5)「一緒にやると、一緒にいられる時間が増えるから」とお願いする

食後、パパはリビングでテレビやゲームに夢中。一方、ママは台所で食器を洗う、といった光景は、パパが家事を手伝わない家庭では珍しくありません。その時間はほぼ、会話らしい会話もありませんし、コミュニケーションがとれているとも言えません。

ですから、こう伝えてみましょう。「もっとあなたと一緒に過ごす時間が必要なんです」と伝えることで、男性はオーバーリアクションで喜ばれたときと同様に、自分が必要とされている快感を得ることができます。

(6)「疲れているところごめんね。悪いんだけど」と前置きしてお願いする

これは、最初にエクスキューズを入れてしまう方法です。最初に謝られてしまうと、人は断りづらくなるものです。特に、働いているプレママが言えば効果あり。

この前置きをつけると、パパに「そういえば、ママだって働いて疲れているんだ」と気づいてもらうきっかけにもなります。

 

いかがでしたか? ほめること、男性を立てること、お願いすることが大事なのですね。さっそく今日から、「私はこんなに大変なのに」という気持ちを一旦どこかに置いて、これらを意識してみませんか?

ちなみに、ほめるときやお願いするときの言い方に困ったら、『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』が参考になります。口下手な女性はぜひチェックしてみてください!

 

【関連記事】

※ GW中がチャンス!ゴロゴロ夫を「理想の夫」に改造させる4つのコツ

※ 1日たった3分!ほうれい線に驚くほどガツンと効く「顔ヨガ」テクニック

※ 夫にウンザリさせずに「おうちのルール」を守らせる方法、男性目線からお教えします!

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

【取材協力】

内埜さくら・・・恋愛コラムニスト&ライター。著書に、某書籍通販サイトの恋愛本ランキング2位を獲得した、『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)がある。『恋愛の達人』や『youbride』、『恋愛.jp』の恋愛アドバイザー。『タレント依頼.com』に文化人枠でも登録中。

関連記事

コメント

コメント