つぶやくと「育児ストレス」がスーッと消える魔法の言葉3つ

It Mama編集部

悩み

つぶやくと「育児ストレス」がスーッと消える魔法の言葉3つ

「私、人よりダメなママなんじゃ……?」と不安に思っていませんか?

赤ちゃんが何で泣くのかわからないとき、どうすればわからないとき、「必要とされていない」「育てる資格がない」「他のママに育てられた方がこの子もよかったはず」などと自分を責めてしまいますよね。

大丈夫です。あなたはダメなママなんかじゃありません。自信を取り戻しましょう。不安なときは、それが消えるような言葉を口にするといいです。

心理カウンセラーの心屋仁之助さんの著書『心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!』には、そんな魔法の言葉が紹介されています。悩みがちなママは、これを唱えてみると、不思議なくらいスーッとしますよ。ぜひ試してみてください!

 

■1:これは思い込みだ

心屋さんは、不安や恐怖は基本的に“過去の経験からくる”と指摘しています。これは、思い出し笑いならぬ“思い出し怖い”や“思い出し不安”というやつです。あなたは、過去に子育てで失敗した経験を思い出して「またやったらどうしよう」「またああなったらどうしよう」と頭を抱えているのでは?

そんなとき、「これは思い込みだ」と何度もつぶやいてみてください。すると、「また同じことが繰り返されるなんて妄想はただの思い込みだ」と気付くことができますよ。

 

■2:ま、いっか

「私が頑張らないとこの子はちゃんと育たない」そう思って、完璧に子育てしようとしていませんか? そんなことに執着していると、いつまで経っても子育てのことで悩み続けてしまいます。

悩みは、なくなると「ま、いっか」と言うことができるのですが、悩んでいる最中はなかなかこれを言うことができません。そのため、悩んでいるときに「ま、いっか」と言うと、「ま、いっか」の状態に近づき、執着を手放すきっかけになるのです。

そんなに頑張らないで、たまには「ま、いっか」と声に出して、肩の力を抜いてみてください。

 

■3:面白くなってきた

これまで子育てをしてきて、たくさん大変な思いをしてきたと思います。でも、そこから得るものも大きかったのではないでしょうか。子育てのおかげで●●を知ることができた、ということはきっと多いはずです。これまでの経験は、誰かと話すときのネタにもなります。

辛いときは、「面白くなってきた」と言うだけで、気持ちはみるみる復活してきます。「この辛さ、誰かに話そう」なんて考えてみてもいいのではないでしょうか? きっと、「こんなに辛くても乗り越えられる私って、すごい」と思えてきますよ。

 

『gooベビー』によると、産後うつになるママは以前、13%を超えていたそうです。しかし、ここ最近は5人に1人くらいの割合に増えている様子。かなり増えてきているので、むやみに罪悪感をもちすぎないようにしていきましょう!

 

【関連記事】

※ 子育てアドバイザーがこっそり教えます!「本当に長く使える」便利な育児グッズ3つ

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ あなたは何タイプ?子どもの「体質」に影響する妊娠前後の食事とライフスタイルとは

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

 

【参考】

※ 心屋仁之助(2013)『心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!』 三笠書房

※ 産後の“うつ”な気持ちはなぜ起こる? – gooベビー

関連記事

[fbcomments]